ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 唐津探訪 > 唐津の魅力データ集 > 歴史 > 佐用姫(さよひめ)の素性と出身地

  • もっと知りたい 唐津まちナビ
  • イベントカレンダー
  • 施設を探す・予約する
  • よくある質問
  • 各種相談

ここから本文です。

更新日:2015年8月6日

佐用姫(さよひめ)の素性と出身地

佐用姫ってどんな人?!

佐用姫の素性

佐用姫の素性(すじょう)について、『肥前風土記』(713年)の「松浦の条」によれば、「・・・即チ、篠原村ノ弟日姫子(おとひめこ)ヲ娉(つまどい)ヒテ婚(まぐわ)イヲ成セリ。日下部(くさかべの)君ノ祖(おや)也。容貌美麗(かほきらきら)シク特(こと)ニ人間(ひと)ニ絶(すぐ)レタリ。・・・」とあり、名門日下部氏の娘でとても美人だったそうです。
この『風土記』(713年)では、弟日姫子、その後の『万葉集』(~760年)以降では、佐用姫になっています。

佐用姫の出身地は

松浦佐用姫は、どこの出身地だったでしょうか。その前に、佐用姫は果たして実在の人物であったのでしょうか。このことについては下の項で大伴の系図が示しているように、大伴狭手彦(おおとものさてひこ)が実在の人物であったことからこの貴公子が松浦の乙女と恋仲になったとしてもおかしくありません。このことから、佐用姫が実在の人物であったことが分かります。
さて、「・・・篠原村ノ弟日姫子(佐用姫)・・・」ですが、その出身地としていろいろ説がありますが、ここではよく言われている4か所について話します。

第1は、厳木町大字瀬戸木場の長者原付近です。
厳木町瀬戸木場に、篠原と笹原という地があります。
また、瀬戸木場の中、女山の山麓、草原の地に「長者原」という所があり、佐用姫はその土地の長者の娘です。
また、狭手彦の出発にあたり佐用姫や一族の者が名残を惜しんだといいます。
「名残り坂」当時の役人がいた「役人平」などの地名があります。このことから、自他ともに是認(ぜにん)していますが、距離的には瀬戸木場から船出の準備をする玉島川川口までは、20数キロメートルの奥まった地で疑問点はあります。

第2は、七山村藤川の芝原です。
ここにおいても、昔から長者屋敷の跡であると土地の人々は古来言い伝えてきています。「芝原」は、「篠原」の訛(なま)りだ言われています。
また、同地には「ナゴリ」の訛った「なめり」や「なめり坂」という地名も現存しています。ここ七山から、玉島川口までは数キロメートルの近距離にて、しかも下り坂にて十分考えられます。

第3は、鏡山山麓(さんろく)周辺です。
考古学的見解や幕末の厳木の学者、秀島鼓渓(ひでしまこけい)による説です。鏡山周辺の村のうち、「ハラ」「ハル」とつく所は、「原(はる)」と「中原(なかばる)」以外にはなく、「篠原村」というような地名はありませんが多くの学者は鏡山周辺説を挙げています。
それに、弟日姫子の行動からも鏡山周辺の土地の豪族の娘であろうと考えられます。特に、「日下部氏」が祖(おや)という由緒ある名門の出であり、昔、鏡山の南に佐用姫の墓と言われた古墳もあったことなどです。更に狭手彦が駐留にあっては、それを収容できる施設が必要になるとこの付近には大集落があったことです。
また、船出に際し海辺に近いことなどの理由があります。近年、平成11年9月29日(資料:古代の中原遺跡)西九州道路を造るため、その用地の中原より日下部と言う文字の記された木簡(もっかん)が出て、この地に日下部氏の存在が明らかとなり佐用姫の鏡山周辺説は一層現実みをおびています。

第4は、浜玉町座主(ざす)です。
平原の座主の殿原寺(でんげんじ)は、この寺が佐用姫の屋敷跡であると言う物語を伝えています。
佐用姫は狭手彦を見送ったのち、悲しみの余り病になり家人の看病の甲斐もなく亡くなりました。家人は、佐用姫の悲しみを思いやり屋敷の庭にあった椿の木を根本から掘り出し、それで佐用姫の姿を写しとった観音像を刻み、佐用姫の菩提(ぼだい)を弔った(とむらった)と言います。
この観音像はいつの時代からか佐用姫観音または、根木(ねぎ)観音と呼ばれ、特に安産に霊験あらたかとして信仰されるようになったと言います。

引用・参考文献(出典)

  • 『厳木町史』P190
  • 『浜玉町町史』P248
  • 『肥前風土記』
  • 『古代の中原遺跡~解き明かされる鏡の渡し~』2005国土交通省九州地方整備局佐賀国道事務所・佐賀県教育委員会

参考文献について

参考文献については、近代図書館が所蔵している資料もあります。

資料についての問い合わせは近代図書館までお願いします。

電話番号:0955-72-3467

佐用姫の素性と出身地

佐用姫の素性と出身地PDFデータ(PDF:162KB)

佐用姫の素性と出身地PDFデータ(PDF:164KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

文化振興課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-7129