ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 唐津の魅力データ集 > 唐津の魅力データ集 > 産業 > 市指定重要文化財:旧中尾家住宅

ここから本文です。

更新日:2015年8月6日

市指定重要文化財:旧中尾家住宅

中尾様には及びもないが、せめてなりたや殿様に

種別

唐津市重要文化財(建造物)

名称

旧中尾家住宅

所有者の氏名および住所

唐津市
佐賀県唐津市呼子町呼子3750番地2

指定の理由

旧中尾家住宅(現山下酒造場)は鯨組主として捕鯨を営んだ旧中尾家の町家建築遺構で、対馬藩主宗氏の宿泊所にするために、屋敷地拡張と町屋建築の併合・改築、離屋の新築を伴う整備事業を天明3年(1783年)に実施したことによって姿を変えました。

併合された町屋建築の主屋北棟は建築年代が18世紀中期に遡る(さかのぼる)とみられ、九州に残された町屋建築では最古の部類に属します。また、表通りに面した主屋は天保11年(1840年)「小川島鯨鯢(けいげい)合戦」所載鳥瞰図(しょさいちょうかんず)に描かれた姿に近い景観を残し、呼子の街並み景観を形成する上でも重要な存在です。
このように旧中尾家住宅は建築的、歴史的、景観的に重要な建築で呼子にとって重要な文化財です。

添付資料あり(唐津市文化課より)

エピソード・伝承・うんちくなど

捕鯨文化を伝える施設として、平成23年(2011年)4月24日「旧中尾家住宅(鯨組主中尾家屋敷)」オープン

地図・写真・統計資料など

市指定重要文化財:旧中尾家住宅

市指定重要文化財:旧中尾家住宅

旧中尾家住宅外観

旧中尾家住宅外観

引用・参考文献(出典)

  • 唐津市文化課資料より
  • 佐賀県HPの佐賀県遺産、マップより
  • 『呼子町史ーふるさと呼子』

参考文献について

参考文献については、近代図書館が所蔵している資料もあります。

資料についての問い合わせは近代図書館までお願いします。

電話番号:0955-72-3467

市指定重要文化財:旧中尾家住宅

市指定重要文化財:旧中尾家住宅PDFデータ(PDF:197KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

文化振興課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-7129