ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 唐津探訪 > 唐津の魅力データ集 > 自然 > 蝶類~唐津市内でよく見られる蝶~

ここから本文です。

更新日:2015年8月6日

蝶類~唐津市内でよく見られる蝶~

唐津市内には約50種類位の蝶が生息しています。特に市街地でもよく見かけられる蝶は次のような種類です。

アゲハチョウ科

アゲハチョウ

どこでも目にする、皆さんよく知っている蝶です。
庭に植えたサンショや、ミカンについているイモ虫はほとんどこの蝶の幼虫です。

モンキアゲハ、ナガサキアゲハ

夏、庭の花に飛来する黒っぽい大きな蝶です。
幼虫はミカンの葉っぱが大好きです。

キアゲハ

アゲハの黄色っぽい感じの蝶で、幼虫はセリ科の植物を食べるため、家庭菜園のパセリに付いて食べつくすことがあります。

シロチョウ科

モンシロチョウ

良く知られている蝶で、青虫はキャベツの害虫として有名です。

キチョウ

その名のとおり黄色いきれいな蝶で、幼虫はマメ科のいろいろな植物を食べるので、あちこちで見かけることができます。

タテハチョウ科

ツマグロヒョウモン

庭先で見かけるオレンジに黒班の入ったきれいな蝶で、幼虫は庭のスミレやパンジーを食べます。スミレの葉に赤い毛虫がいたら殺さずに観察すると、とてもきれいな蝶になります。

ヒメアカタテハ

オレンジ色系の小型の蝶で、飛び方がとてもすばしっこく、幼虫はヨモギを食べるので、気を付けていればみることができると思います。

シジミチョウ科

ルリシジミ

瑠璃色のかわいらしい蝶で、この蝶もマメ科の植物が大好きで春早くから秋遅くまで見ることができます。

ヤマトシジミ

夏から秋にかけて、庭先などで地面を這うように、ちらちらと飛んでいるとても小さな蝶で、気を付けてみればどこにでもいます。
食草は庭の片隅や花壇の隅などに生えているカタバミを食べて育ちます。

引用・参考文献(出典)

  • 『佐賀の昆虫』佐賀昆虫同好会会誌

参考文献について

参考文献については、近代図書館が所蔵している資料もあります。

資料についての問い合わせは近代図書館までお願いします。

電話番号:0955-72-3467

蝶類~唐津市内でよく見られる蝶~

蝶類~唐津市内でよく見られる蝶~PDFデータ(PDF:70KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

文化振興課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-7129