ここから本文です。

更新日:2015年8月6日

唐津の気象

対馬暖流の影響を受ける温暖な気候

唐津の気象の特徴は年間を通して風が強いものの、気候は割合、温暖なことでです。冬には曇りの日が多く、日照時間が少ないことから日本海型気候に入りますが、対馬暖流の影響で冬でも気温はさほど下がりません。佐賀平野は夏と冬の気温差や1日の中で朝と昼間の気温差が大きいのが特徴ですが、唐津は海の影響を受けてその気温差が比較的小さいのも特徴です。

雪の降り方にも特徴があり、西高東低の冬型気圧配置の時には唐津が朝鮮半島の風裏になるため、意外と雪は少ないです。かえって冬型が緩んだり、「冬の東風は大雪」と言われるように日本海に低気圧が進んだ時に大雪となる傾向があります。

また、唐津の気温はこの30年間で約1度上昇しており、日本の気温の平均上昇量とほぼ同じで、温暖化傾向が認められます。

唐津は、(1)対馬暖流の影響を受ける日本海型気候の地域(旧唐津、呼子、肥前、鎮西)、(2)天山(標高1,000m)、八幡岳(標高864m)山麓で山地型気候の地域(厳木、七山)、(3)これらの中間的な地域(相知、浜玉、北波多)に大きく分けられます。

日本海型気候を示す沿岸部及び島嶼(とうしょ)では対馬暖流の影響を受け、平均気温は15~17度で、冬でもほとんど霜は降りません。年降水量は1,500~1,800ミリで、ほぼ全国平均(1,700ミリ)です。また、海陸風の影響によって、日中の最高気温が低く、夜間の最低気温が高く、温暖な気候です。

東松浦半島の上場台地の畑地帯では、水源となる河川が谷間にあり容易に水の利用ができずに少雨の年には干ばつ被害が発生しています。今では、農業水利開発事業によって灌漑(かんがい)施設が整備され、安定した農業が行われています。温暖な気候を利用して、ミカン、ビワスイセンなどの栽培が行われています。また、肥前町には天然記念物の亜熱帯樹「アコウ」が自生し北限地帯となっています。

天山、八幡岳の山間部では、平均気温14度以下、1月の気温が4度以下、11月から4月に霜が降り、冬には雪が積もることも多く、寒さが厳しい場所です。年間雨量が2,000ミリを超す多雨地帯です。ただ夏の気温が上がりにくいため、野菜の高冷地栽培や色が鮮やかで高評であることからカーネーション、トルコキキョウ、かすみ草などが雨よけハウスの中で栽培され、人気があります。

唐津では、冬季の季節風はかなり強く、田畑や生活を潮風害から守るために、海岸防災林の「虹の松原」や「相賀の松原」が造られています。また、東松浦半島では果樹園の周囲には防風林が多く見られます。一方、年間を通して強い風が得られるため、風力発電も盛んに行われています。

玄界灘と周辺海域は、冬から春にかけて吹く強い季節風による海難事故や養殖海産物への被害が多く発生しています。漁民は特に気象の変化に敏感で、天気に関する多くの言葉やことわざがあります。「春一」「春一番」という言葉は玄界灘で生まれた春先に吹く強い南風に警戒する言葉です。

浜玉町では「南風が吹くときゃ船出すな」と言われています。南風は低気圧が朝鮮海峡を通過する際に吹く風で、これまでにも海難事故が多く発生しています。また、唐津では「鳴滝ン雲ンくると大夕立」、「浮岳ン帽子かぶると雨ン降る」など、周囲の山にかかる雲の様子から天気を予想することわざがあります。低気圧や前線などが近づく際には暖かな風が山肌にそって上昇して雲が発生して雨を降らせるからです。

エピソード・伝承・うんちくなど

近年、唐津湾ではヨットやボードセイリングなどの海のスポーツが盛んですが、ウィンドサーフィンでは浜から沖へ吹く風は、沖へ流されるので危険な風(オフショアウインド)と言われていて、唐津湾では南風が危険な風です。

鏡山では、安定した上昇気流を利用したパラグライダーやハンググライダーなどの空のスポーツも盛んです。また、呼子町の「風の見える丘公園」、肥前町の風力発電などがあり、風を活かした地域振興が行われています。

ちなみに、冷涼な天山ではスキー場(佐賀市)も開かれ、近県からも多くのスキーヤーが訪れています。

地図・写真・統計資料など

東松浦半島の果樹園の防風林

下部が空いているのは冷気が溜まることがないよう工夫されているためです。

東松浦半島の果樹園の防風林

気象衛星ひまわり

気象衛星ひまわり

肥前町の風力発電

肥前町の風力発電

(佐賀大学客員研究員:田中明さんより)

引用・参考文献(出典)

  • 佐賀地方気象台HP
  • 『佐賀県の気象と天気のことわざ』金華堂
  • 『佐賀の気象百年史』
    佐賀地方気象台
  • 『肥前町史』
  • 『七山町史』
  • 『相知町史』
  • 『鎮西町史』
  • 『厳木町史』
  • 『呼子町史』

参考文献について

参考文献については、近代図書館が所蔵している資料もあります。

資料についての問い合わせは近代図書館までお願いします。

電話番号:0955-72-3467

唐津の気象

唐津の気象PDFデータ(PDF:211KB)

唐津の気象PDFデータ(PDF:200KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

文化振興課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-7129