ここから本文です。

更新日:2015年8月6日

天然記念物:植物4

舞鶴公園のホルトノキ

舞鶴公園の本丸最上段、唐津城天守閣のすぐ近くに生育するホルトノキは、舞鶴公園にある常緑樹の中でも代表的なものです。
樹齢300年、根周り5.8m、幹は地上1mのところから四つに分かれ、南北23m、東西20mにわたって葉を繁らせています。
樹高は20mに達し、樹勢も盛んで佐賀県下はもちろん、九州における代表的な巨木です。
ホルトノキはホルトノキ科の常緑髙木で、モガス、ズクノキとも呼ばれ、暖地に生え、緑葉の中に紅葉した古い葉をまじえる性質があります。
葉は葉柄があり互生し、一見ヤマモモに似ています。葉の形は長隋円形で両端がとがり、緑に浅い鋸歯(きょし)があります。7~8月ごろに1cmほどの小さい白い花をつけます。花は落葉した前年の枝につき、果実は隋円形で長さ約1.5cm、初めは緑色ですが、冬になって熟すと黒藍色に変わります。
ホルトノキはポルトガルの木が変化したもので、昔ホルトノキの実とオリーブと混合してホルトノキと呼ぶようになりました。
本州(千葉県以西)、四国、九州、沖縄に分布し、佐賀県では海岸地方に多く、サンゴジュ、ハマビワ、ヤマモモなどの常緑樹にまじって繁茂しています。
根皮、枝葉煎汁をねずみ色の染料として利用することもあります。

  • 指定:昭和48年11月24日
  • 所在:唐津市東城内(舞鶴公園)(唐津駅より徒歩20分)

地図・写真・統計資料など

舞鶴公園のホルトノキ

舞鶴公園のホルトノキ
(『唐津市の文化財』より)

引用・参考文献(出典)

  • 『唐津市の文化財』唐津市教育委員会

参考文献について

参考文献については、近代図書館が所蔵している資料もあります。

資料についての問い合わせは近代図書館までお願いします。

電話番号:0955-72-3467

天然記念物:植物4

天然記念物:植物4PDFデータ(PDF:133KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

文化振興課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-7129