ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 医療機関 > 唐津市民病院きたはた > 唐津市民病院きたはたが「総務大臣表彰」を受賞

ここから本文です。

更新日:2018年6月21日

唐津市民病院きたはたが「総務大臣表彰」を受賞

平成30年度自治体立優良病院総務大臣表彰を受賞

唐津市民病院きたはたは、地域医療の確保に重要な役割を果たし、かつ、経営の健全性が確保されている優良病院として総務大臣表彰を受賞しました。今年度は、唐津市民病院きたはたをはじめとする6つの自治体病院が受賞しました。なお、県内では22年ぶりの受賞となりました。

受賞式日時および場所

平成30年6月21日(木曜日)12時30分から

ホテルルポール麹町(東京都千代田区平河町2丁目4-3)

受賞式参加者

唐津市民病院きたはた病院長大野毎子

自治体立優良病院総務大臣表彰とは

自治体立の病院で、地域医療の確保に重要な役割を果たしており、かつ、経営の健全性が確保されている病院を、全国自治体病院開設者協議会会長および全国自治体病院協議会会長が推薦し、総務省が「経営の健全性」、「経営努力の状況」および「地域医療に果たしている役割」の観点から総合的に判断し決定されるもので、昭和61年度から行われています。

受賞となったポイント(推薦理由)

  1. 医療圏内の中核病院から入院患者を受け入れ、在宅復帰を支援する機能や外来患者の中核病院への紹介など、地域医療のハブ的な役割を担っており、地域医療に貢献している。また、診療所の減少や開業医の高齢化が進み、地域において手薄となっている在宅医療を積極的に実施し、地域のかかりつけ医としての役割を果たしている。
  2. 他の医療機関との連携においては、平成24年4月に医療連携の充実による患者数の増加を目的として地域医療連携室を設置し、医療ソーシャルワーカーを配置した結果、スムーズな医療連携が可能となり、入院患者の安定確保と収益の増に繋がっている。
  3. 数値的な受賞条件として、平成24年度から28年度まで5年連続の経常利益計上、平成29年度決算見込が経常利益計上、不良債務および累積欠損金が無いことがあげられる。

(参考)今年度受賞の病院一覧

病院名

所在地

病床数

岐阜県立多治見病院

岐阜県多治見市

575床

八尾市立病院

大阪府八尾市

380床

紀南病院

和歌山県田辺市

554床

市立三次中央病院

広島県三次市

350床

大牟田市立病院

福岡県大牟田市

350床

唐津市民病院きたはた

佐賀県唐津市

56床

(参考)県内公立病院の受賞歴

平成7年度小城町立病院(現小城市民病院)

平成8年度西有田共立病院(現伊万里有田共立病院)

平成30年度唐津市民病院きたはた

問い合わせ

市民病院きたはた 

佐賀県唐津市北波多徳須恵1424番地1

電話番号:0955-64-2611