ホーム > まち・環境 > 上下水道 > 浄化槽使用料の徴収漏れについて

ここから本文です。

更新日:2019年3月6日

浄化槽使用料の徴収漏れについて

唐津市戸別浄化槽整備事業における第一期PFI事業の実績を取りまとめ中、浄化槽の管理基数と浄化槽使用料を徴収している件数の整合性が取れなかったため、浄化槽使用料の徴収漏れがないかについて調査を行った結果、浄化槽を使用されているにもかかわらず、浄化槽使用料を徴収していないもの12件が判明しました。

調査の方法

今年2月中旬から今年3月上旬にかけて、戸別浄化槽整備事業により、唐津市が管理している浄化槽の台帳に登録している浄化槽2,243基の情報と浄化槽使用料を管理する水道システムの情報とを照合して、使用中であるにもかかわらず、浄化槽使用料を徴収していない可能性がある浄化槽12基について、書類調査および現地調査を行いました。

調査の結果

調査の結果、浄化槽使用料の徴収漏れの時期、件数および金額は次のとおりです。

区分

件数

徴収漏れの浄化槽使用料の額

請求予定額

(5年以内)

時効により

徴収できない額

(5年以上)

合計

平成19年度使用開始

6件

75万円

84万円

159万円

平成21年度使用開始

6件

111万円

90万円

201万円

合計

12件

186万円

174万円

360万円

 

徴収漏れの原因

使用開始の届け出があったにもかかわらず、水道システムへの入力漏れにより、使用料が徴収されなかったものです。

今後の対応

(1)浄化槽の使用が確認されたものについては、今月の水道料金の検針分から、浄化槽使用料のお支払いをお願いします。(3月または4月開始)
(2)未徴収となっている過去の浄化槽使用料については、使用開始日に遡り、時効になっていない過去の5年以内の使用料についてお支払いをお願いします。

再発防止策

(1)事務処理ミスを防止するため、浄化槽使用料の徴収確認に係るチェック体制を強化します。
(2)浄化槽台帳と水道システムとの照合を定期的に実施します。
(3)水道局との連携を強化して、検針時の確認を充実します。

問い合わせ

下水道管理課 

〒847-0861 佐賀県唐津市二タ子3丁目1番6号

電話番号:0955-72-9145