ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 医療機関 > かかりつけ医をもちましょう

ここから本文です。

更新日:2019年9月30日

かかりつけ医をもちましょう

病気の予防・早期発見には「かかりつけ医」は欠かせません!

かかりつけ医って?

かかりつけ医は、患者さんの全身の健康管理を長年にわたって管理するお医者さんで、具体的には町の開業医さん(診療所)です。1回の治療や手術をしたら治る病気は実際には少なく、長年にわたって薬や生活習慣改善によって管理していく病気がほとんどです。かかりつけ医と、健康状態、病気などを話し合うことが安心の第一歩です。

かかりつけ医と大きな病院との関係

かかりつけ医のメリット

  • 受診の手続きも比較的簡単で、じっくり診察してくれる
  • 家族の病状・病歴・健康状態を把握しているので、もしもの時に素早い対応をしてくれる
  • 食事や運動など、日常の健康管理のアドバイスをしてもらえる

専門的な検査や手術を受けるには“大きな病院”でなければできません。その場合は“大きな病院”に検査や手術の予約を入れることになりますが、その時に“かかりつけ医”からの紹介状があると、受診する科がはっきりし、その後の流れがスムーズになります。

“大きな病院”の一番重要な仕事は専門的な検査や手術を行うことです。そのため“大きな病院”では専門分野に分かれて診療を行っています。手術後の病状が安定している患者さんなどが多数受診されると、これらの専門的な検査や手術を行う時間がなくなり、特に救急患者さんへの対応ができなくなります。

病状が安定したら全身の健康管理を含めて、かかりつけ医を受診しましょう。

皆さんにお願いしたいこと

現在、医師不足や看護師不足が深刻化しています。

しかし、少ない人員数でもなんとか皆さんの健康を守る、命を助ける医療を続けていかなければなりません。“大きな病院”と“診療所(いわゆる開業医さん)”ではその仕事の役割が異なっており、お互いに連携を取り合って、この目標を達成できるよう工夫しています。“大きな病院”にすべての人々が集中し続けてしまうと、重篤の症状や大きなけがに遭遇した患者さんを治療することができなくなります。地域の皆さんが、“大きな病院”と“診療所(開業医さん)”の役割分担を理解してください。“大きな病院”で大きな手術を受けた後、病状が安定したら“かかりつけ医”で診療してもらうようお願いします。

かかりつけ医を探すのに、ご活用ください。(佐賀県医療機関情報・救急医療情報システム「99さがネット」(外部サイトへリンク)

あなたの健康状態についてよく知っている「かかりつけ医」は、頼もしい健康管理のパートナーです。

 

問い合わせ

保健医療課地域医療係

〒847-0861 佐賀県唐津市二タ子1丁目5番1号(唐津赤十字病院跡)/唐津市健康サポートセンター「さんて」内

電話番号:0955-75-5161