ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 健康啓発 > 熱中症を予防しましょう

ここから本文です。

更新日:2021年6月3日

熱中症を予防しましょう

熱中症を予防しましょう

熱中症は、気温の高い日中に、屋外での作業やスポーツをする人に多く発症する傾向にありましたが、最近は室内や夜間、安静時にも発症するなどの事例が確認されています。

熱中症とは

高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分バランスが崩れ、体温を調節する機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態をいいます。

熱中症のサイン

軽症

めまい

立ちくらみ

筋肉痛

汗がとまらない

中等症

頭痛

吐き気

体がだるい(倦怠感)

虚脱感

重症

けいれん

体温が高い

呼びかけに対し返事がおかしい

まっすぐに歩けない、走れない

意識がない

「新しい生活様式」における熱中症予防のポイント

新型コロナウイルス感染症予防対策を行いながら、熱中症予防に心がけていくことが必要です。

  1. 外で2メートル以上の十分な距離が確保できる場合は、適宜マスクを外しましょう
  2. のどが渇く前に、こまめに水分補給をしましょう
  3. エアコン使用中もこまめに換気をしましょう
  4. 体温測定など日ごろから健康管理をしましょう
  5. 無理のない範囲で暑さに備えた体づくりをしましょう

高齢者、こども、持病がある人は特に注意が必要です。3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、周囲の人からも積極的な声かけをお願いします。

熱中症が疑われたら・・

  1. 涼しい場所に避難しましょう。
  2. 太い血管のある首や太もものつけ根を保冷剤などで冷やしましょう。
  3. 水分・塩分を補給しましょう。
  4. 意識がない、けいれんがみられるなどの症状がある場合は救急車を呼びましょう。

関連サイト

佐賀県ホームページ「熱中症警戒アラート情報」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

佐賀県ホームページ「熱中症にご注意ください」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

環境省熱中症予防情報サイト(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

厚生労働省ホームページ熱中症関連情報(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

問い合わせ

唐津市保健センター 

〒847-0861 佐賀県唐津市二タ子1丁目5番1号(唐津赤十字病院跡)/唐津市健康サポートセンター「さんて」内

電話番号:0955-75-5161