ここから本文です。

更新日:2019年5月28日

胃がん検診

胃がんは早期の段階では自覚症状がほとんどなく、早期に発見し治療につなげるためには、定期的に検診を受診することが必要です。

対象者

40歳以上の人

胃がんにかかったことがある人、胃や腸の手術をした人、受診当日体調が悪い人は対象外です。

今までにバリウムやその他の医薬品で過敏症(かびんしょう)反応を起こした人、胃潰瘍や胃ポリープがある人、ひどい下痢や便秘気味の人、腸閉塞(ちょうへいそく)を起こした人は受診をご遠慮ください。

大腸疾患(しっかん)で治療中の人は主治医に相談してください。

検診当日、血圧が高い場合は受診できないことがあります。

受診内容

バリウムでの胃透視検査(いとうしけんさ)

申込方法

検診を受診するには事前の申し込みが必要です。胃がん検診日程表(PDF:74KB)を確認して唐津市保健センターに連絡してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

保健医療課保健係

〒847-0861 佐賀県唐津市二タ子1丁目5番1号(唐津赤十字病院跡)/唐津市健康サポートセンター「さんて」内

電話番号:0955-75-5161