ホーム > 教育・文化・スポーツ > 唐津市近代図書館 > 今日の一枚(アルバム) > 図書館の「今日の一枚」(平成31年4月) > 【近代図書館美術ホール】中里重利展はじまりました!(4月16日)

  • もっと知りたい 唐津まちナビ
  • イベントカレンダー
  • 施設を探す・予約する
  • よくある質問
  • 各種相談

ここから本文です。

更新日:2020年1月17日

【近代図書館美術ホール】中里重利展はじまりました!(4月16日)

ガラスケース内作品

「中里重利展」本日スタートしました!

中里重利氏は平成27(2015)年に亡くなられた唐津焼の陶芸家です。
本展覧会は、重利氏の作品を一堂に展示する回顧展です。

重利氏は昭和5(1930)年、12代中里太郎右衛門(無庵)氏の三男として唐津に生まれ、10代のころから父のもとで修行しました。その後、43歳で独立。自分の作品を作りあげていきます。

手がけたものは茶陶や食器などにとどまらず、「重利芸術」ともいえる独自の芸術性を追求し、日展を中心に優れた創作作品を発表しました。

今回は、それら幅広い作品を、網羅的に見られるようなっています!
また、創作の原点となった古唐津作品も5点展示しています。

他にも、作品のスケッチや下絵なども展示しているので、人となりをみることができるのではないでしょうか。

会期中はギャラリートークなども行います。
お誘いあわせのうえ、ぜひどうぞ!


■中里重利展
会 期
 4月16日(火曜日)~5月12日(日曜日)
休館日
 4月22日(月曜日)
 ※美術ホールのみ開館となる日がありますのでご注意ください
開館時間
 10時~18時(入場は17時30分まで)
入場料
 無料
ギャラリートーク
 ●4月21日(日曜日)13時30分から 
  元長崎県窯業技術センター職員 武内浩一氏
  陶芸家・古唐津研究会 梶原靖元氏、矢野直人氏、
 ●5月3日(金曜日・祝日)11時から
  陶芸家 14代中里太郎右衛門氏
 どちらも場所は展覧会会場 ※無料、申込不要

【多様な表現にほれぼれ】

【評価の高い茶陶】

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

近代図書館 

〒847-0816 佐賀県唐津市新興町23番地

電話番号:0955-72-3467