ここから本文です。

更新日:2019年9月1日

【近代図書館】新着図書(8月8日)

新着図書

受入れホヤホヤの本を、2階と4階の新着コーナーに並べています。
どうぞご利用ください。

ここに写っている本のほかにも新着図書があり、貸出中の本は予約ができます。
唐津市近代図書館蔵書検索ページを見てください。
電話予約も受け付けています。

職員のおススメ本(一部)
『お江戸けもの医 毛玉堂』 泉ゆたか/著(講談社)
無愛想だが腕は確かなけもの医者・凌雲と、動物をこよなく愛ししっかり者の妻・美津の夫婦が営む
動物専門の養生所「毛玉堂」にやってくるのは、病める動物たちと悩める飼い主たち。ペットを思う
気持ちは、江戸の世でも変わらない!もふっと可愛く、ほっこり温かい時代小説です。(小説本)

『恐竜の魅せ方 展示の舞台裏を知ればもっと楽しい』 真鍋真/著(CCCメディアハウス)
博物館の展示や、恐竜博などの展示の舞台裏を支える人々は、どのように恐竜と向き合っているのでしょうか。
恐竜研究の第一人者であり、恐竜の図鑑や本、博物館展示、展覧会の監修を多数務めた著者が、
今までとは違った角度から、恐竜の面白さや魅力、最新情報を伝える一冊。(恐竜の本)

『ヒミツのかいだん』 田島征三/作(小学館)
雪国の小学校に通う1年生のユカは、校舎を探検中に小さな階段を発見した。そこで出会ったおばけの「トペラトト」と仲良くなったけれど…。
新潟県十日町の今は廃校となった小学校と実在した生徒をモデルに描かれた、ちょっと不思議な物語。(絵本)

問い合わせ

近代図書館 

〒847-0816 佐賀県唐津市新興町23番地

電話番号:0955-72-3467