ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

【近代図書館】新着図書(2月26日)

新着図書の写真

受入れホヤホヤの本を、2階と4階の新着コーナーに並べています。
どうぞご利用ください。

ここに写っている本のほかにも新着図書があり、貸出中の本は予約ができます。
唐津市近代図書館蔵書検索ページを見てください。
電話予約も受け付けています。

職員のおススメ本(一部)
『まむし三代記』 木下昌輝/著(朝日新聞出版)
父の国盗りの野望を受け継ぎ、美濃国を奪取し、まむしと呼ばれた斎藤道三。彼ら親子二代の活躍の裏には、日ノ本すら破壊する最終兵器“国滅ぼし”があった。“国滅ぼし”とは?そして、核心に行き着いた三代目・義龍が下した驚愕の決断とは…。
従来の戦国史を根底から覆す長篇時代小説。(小説)

『エンド・オブ・ライフ』 佐々涼子/著(集英社インターナショナル)
多くの患者を看取ってきた看護師の友人が癌になった。「看取りのプロフェッショナル」である友人の死への向き合い方は、意外なものだった。最期の日々を共に過ごすことで見えて来た「命の閉じ方」とは…。
在宅での終末医療の現場を描いたノンフィクション。(医療の本)

『さくらの谷』 富安陽子/文、松成真理子/絵(偕成社)
春の手前、枯れ木におおわれた林の中を歩いていたわたしは、満開のさくらにうめつくされた谷に迷いこみました。そこでは、色とりどりの鬼たちが、お花見をしていました。いっしょにお花見をすることになったわたしは、お弁当をたべたり、かくれんぼをしたりして遊びます。かくれんぼの鬼になったわたしが、みんなを探していると、この世をさったおじいちゃんやおとうさんの姿がみえて…。(絵本)

問い合わせ

近代図書館 

〒847-0816 佐賀県唐津市新興町23番地

電話番号:0955-72-3467