ここから本文です。

更新日:2020年10月1日

【近代図書館】宇宙の本の展示

utyunohi

毎年9月12日は宇宙の日です。この日を機会に宇宙の本を読んでみませんか?

※宇宙の日は、毛利宇宙飛行士がスペースシャトルで宇宙へ飛び立った日である9月12日に定められてます。

近代図書館2階文学の棚の横に、宇宙の本を展示しています。

☆展示している本の一部紹介
★『忙しすぎる人のための宇宙講座』
 ニール・ドグラース・タイソン /著、 渡部 潤一 /監修、 田沢 恭子 /訳
 早川書房
 宇宙についての重点だけを最短最速で学べる入門書。宇宙のかたちやなりたち、ビッグバンからダークエネルギーの謎まで、宇宙に目を向けることの面白さを知るのに必須の事柄を選びぬいて解説する。

★『宇宙飛行士に聞いてみた!  世界一リアルな宇宙の暮らしQ&A』
 ティム・ピーク /著、柳川 孝二 /監修
 日本文芸社
 どこで空がおわって宇宙になるの? 訓練の間、なにを勉強するの? 国際宇宙ステーションに186日滞在した宇宙飛行士が、打ち上げ、訓練、国際宇宙ステーションの暮らし、船外活動などに関する多くの質問に答える。

★『14歳のための宇宙授業 相対論と量子論のはなし 』
 佐治 晴夫 /著
 春秋社
 「無」の状態から突如、まばゆい光として誕生した宇宙。私たちすべての存在をかたちづくる素粒子。現代物理学の二本の柱である相対性理論と量子論の世界をわかりやすく詩的に綴る、宇宙論のソナチネ。

utyuunohi2

問い合わせ

近代図書館 

〒847-0816 佐賀県唐津市新興町23番地

電話番号:0955-72-3467