ここから本文です。

更新日:2020年11月30日

【近代図書館】図書館だより(No.87)10月の紹介本

toshokandayori87

 チャンネルからつで放送している「図書館だより」をご存知ですか?
 図書館職員が新しく入った本の紹介や美術ホールの催しものなどのお知らせをしている番組です。
 
 今回紹介する本は、放送で紹介した本です。ぜひ読んでみませんか?
 本が貸出中のときは、予約ができます。近代図書館、相知図書館、またはお近くの市民センター公民館で申し込みをされるか、近代図書館ホームページで予約ができます。受取館の指定もできます!

★『唐津の自然(改訂版)』
 「唐津の自然」作成実行委員会/編集・発行
 2013年に初版が発刊されて以来、7年ぶりの改訂です。唐津地区の自然の概要から、生息する動物や植物、そして、絶滅危惧種などについて、写真付きで紹介しています。今回の改訂版では、あらたに化石の項目も追加されています。

★『地図でスッと頭に入る古事記と日本書紀』
 瀧音(たきおと) 能之(よしゆき)/監修
 昭文社
 「古事記」と「日本書紀」は、いまから約1,300年前、奈良時代に書かれた古典です。この本では、神話の時代から天皇の歴史まで、地図やイラストなどをまじえて、やさしく解説しています。日本の神話の世界、古代史の世界に親しんでみませんか。

★『図解身近にあふれる「物理」が3時間でわかる本』
 左巻(さまき) 健男(たけお)/編著
 明日香出版社
 なぜ地球は青いの?打ち水をするとどのくらい涼しくなる?ボールを遠くに投げるにはどの角度になげるといい?など、日常の中の、ちょっとした疑問を、図を交えながら「物理の原理」で解説しています。

★『おいしい料理のサイエンス』
 杉山 文/著
 化学同人
 調理科学を知れば、もっとおいしい料理のアイデアが生まれるかも!?この本では、肉や魚、卵など身近な食品別に食品や調理のサイエンス(科学的な根拠)をわかりやすい解説とともに紹介しています。

★『二百十番館にようこそ』
 加納 朋子/著
 文藝春秋
 主人公の男は、「楽」な気持ちに流されるまま、ネットゲームの世界にどっぷりはまっていました。20代も終わりに近づいた、ある日、親からの手紙で、突然の離島での生活が始まります。生活費を稼ぐために(思いつきで)始めたシェアハウスの運営をとおして、主人公の人生が広がっていきます・・・。

★『ひろいひろいひろいせかいに』
 ルイス・スロボドキン/作 木坂 涼/訳
 偕成社
 このひろい世界には、たくさんの星や車、イスやぼうしなどがあふれています。だけど、あなたも私もひとりしかいない。あたたかい絵とシンプルな言葉で、ひとりひとりが、かけがえのない存在であることを教えてくれる絵本です。

問い合わせ

近代図書館 

〒847-0816 佐賀県唐津市新興町23番地

電話番号:0955-72-3467