ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 届出 > 国民健康保険の高額医療・高額介護合算療養費制度について

ここから本文です。

更新日:2021年2月1日

国民健康保険の高額医療・高額介護合算療養費制度について

病院などに入院したり、長い間介護サービスを受けたりして、医療費と介護サービス費が高額になったときには、医療保険(健康保険)と介護保険のどちらとも月単位の限度額を超えた分の本人負担が軽くなる制度があります。 

詳しくは唐津市ホームページ:国民健康保険の高額療養費についてをご覧ください。

この制度に加えて、さらに本人負担が軽くなる制度が高額医療・高額介護合算療養費制度です。病院などの医療費と介護サービス費の両方を払った世帯で、年単位で本人負担が軽くなります。

 

この制度の合算療養費を計算するときは、同じ医療保険に加入している人だけを合計します。

 

唐津市国民健康保険に加入している人(7月31日時点)

世帯内の国保に加入している人の「病院などの医療費」と「介護サービス費」の両方で自己負担があり、本人負担の合計額が次の表の限度額を超えている世帯が対象です。

 

同じ世帯でも加入している医療保険が違うときは、国保の高額医療・高額介護合算療養費制度の対象にはなりません。 

■合算する期間

1年間(毎年8月1日~翌年7月31日)です。

 

世帯の1年間の本人負担限度額

所得区分 70歳未満(国民健康保険+介護保険)
区分ア 212万円
区分イ 141万円
区分ウ 67万円
区分エ 60万円
区分オ 34万円

 

 

所得区分

70歳以上(国民健康保険+介護保険)
現役並み所得者 67万円
一般所得者 56万円
低1. 31万円
低2. 19万円

 

75歳以上の後期高齢者医療保険に加入している人は、後期高齢者の高額医療・介護合算制度についてをご覧ください。

 

計算するときの注意

入院したときの食費、居住費、差額ベッド代などは合算対象になりません。

病院などの医療費か介護サービス費のどちらかの本人負担額が0円の場合は、支給対象になりません。

計算した支給額が500円以下のときは、支給されません。

  

申請方法

支給申請の受け付けは、毎年7月末時点に加入していた医療保険の窓口で行います。

国保に加入している人は、保険年金課か各市民センター総務・福祉課に申請してください。

 

申請に必要なもの

保険証(国民健康保険)

振込先口座の通帳

世帯主の印鑑

窓口に来る人の本人確認ができるもの(マイナンバーカード・運転免許証など)

世帯主と対象者のマイナンバーがわかるもの

問い合わせ

保険年金課国民健康保険係

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9123

高齢者支援課介護給付係

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-70-0102