ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 【後期高齢者医療】薬の飲み残しに注意!

ここから本文です。

更新日:2019年6月1日

【後期高齢者医療】薬の飲み残しに注意!

ご自宅に薬の飲み残しはありませんか

飲み残した薬や飲まなくなった薬をそのままにしておくと…

1.新しい薬との区別がつかなくなる、または何の薬か分からなくなる。
⇒勝手な判断で薬を飲んでも効き目は期待できません。

2.古くなった薬を飲んだり、必要のない薬を飲んだりしてしまう。
⇒間違って薬を飲んで思わぬ副作用が起きることがあります。

3.きちんと薬を飲まないと薬が無駄になってしまう。
⇒飲み残しの薬(残薬)を減らすことは医療費の削減につながります。

飲み残した薬があるときは「かかりつけ薬局」に持って行きましょう。
薬剤師が必要な薬か処分した方が良い薬か判断します。
また、必要なときには医師に処方日数の調整を相談して、医療費の軽減につなげます。

おくすり整理そうだんバッグ

 

おくすり整理そうだんバッグ

おくすり整理そうだんバッグ(イメージ)

薬局では、【おくすり整理そうだんバッグ】を無料でお渡ししています。

飲み残した薬はこのバッグに入れて「かかりつけ薬局」に持って行きましょう。

薬は正しく服用することで本来の治療の効果が期待できます。

 

 

 

問い合わせ

保険年金課高齢者医療係

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9123

一般社団法人佐賀県薬剤師会
佐賀県佐賀市本庄町本庄1269-1
電話番号:0952-23-8931

佐賀県後期高齢者医療広域連合
佐賀県佐賀市大和町大字尼寺1870番地
佐賀市役所大和支所3階
電話番号:0952-64-8476