ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 保育所・認定こども園 > 教育・保育施設の新型コロナウイルス感染症の対応について

ここから本文です。

更新日:2022年11月25日

教育・保育施設の新型コロナウイルス感染症の対応について

教育・保育施設の登園自粛について

唐津市内の新型コロナウイルス感染症に係る対応として、教育・保育施設の利用についてお知らせ(PDF:408KB)に該当する場合、登園の自粛をお願いします。その際は入所している施設への連絡をお願いします。

 

(1)子どもや同居家族が新型コロナウイルス感染症に感染した場合

利用自粛期間:国の定めた基準による療養期間または自宅待機期間

(2)子どもや同居家族が医療機関のPCR検査を受ける場合(抗原検査を除く)

利用自粛期間:検査することが決定してから、PCR検査の結果が出るまで

陰性の場合:登園できます(ただし医師の診断に基づいて行動してください)

陽性の場合:「(1)子どもや同居家族が新型コロナウイルス感染症に感染した場合」に従う

(3)子どもや同居家族が念のためのPCR検査を受ける場合(抗原検査を除く)

対象者:会社の判断や自己判断などで念のためPCR検査を受ける方

利用自粛期間:検査することが決定してから、PCR検査の結果が出るまで

陰性の場合:登園できます

陽性の場合:「(1)子どもや同居家族が新型コロナウイルス感染症に感染した場合」に従う

なお、念のため検査は、就労などの理由により保育が必要な場合、施設を利用することができます。

(4)子どもが要待機者となった場合

要待機者:施設内で陽性者が発生し、濃厚接触の可能性があると施設が判断した方

利用自粛期間:佐賀県コロナチェックリストに基づき施設が指定する期間まで

(5)教育・保育施設が臨時休園となった場合

利用自粛期間:施設再開となるまで

登園できなかった場合の保育料について

上記理由により教育・保育施設を利用できなかった場合、保育料の日割り対応を行います(0~2歳児クラス)。この場合、保護者から申請書を提出していただき、内容確認後に日割り対応を行います。申請書様式をダウンロード(PDF:129KB)、印刷・記入後、利用施設の施設確認印を受けたうえで、子育て支援課または各市民センター総務・福祉課へご提出ください。郵送によるご提出も可能です。ダウンロードができない場合は、施設や子育て支援課、各市民センター総務・福祉課でも受け取ることが可能です。

なお、令和4年度分の申請は令和5年3月31日までに必ず提出してください。郵送の場合、締切日必着となります。期日を過ぎた場合、日割り計算をすることができません。

日割りした保育料の対応

1:唐津市が保育料を徴収している場合

翌月以降の保育料もしくは未納保育料に振替えます。

振替えできる保育料がない場合は、登録口座へ返金します。

2:施設が保育料を徴収している場合

各施設により対応が異なりますので、施設へお尋ねください。

保育の認定や保育料無償化に関する認定について

登園自粛に該当する場合、保育の必要性について特例的な取り扱いを行います。対象となる場合、子育て支援課までご連絡ください。

<具体例>

  • 保育園に預けるためには月60時間以上の就労が必要だが、登園自粛に該当し就労実績が月60時間を満たすことができない場合は、特例的に月60時間を満たさない場合でも退所とはなりません。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

子育て支援課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9151