ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 虐待防止・相談 > 新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛や休校措置により、児童虐待の発生や被害の深刻化が懸念されています

ここから本文です。

更新日:2020年4月28日

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛や休校措置により、児童虐待の発生や被害の深刻化が懸念されています

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛や休校措置により、児童虐待の発生や被害の深刻化が懸念されています

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、小中学校で臨時休校措置がとられていますが、子どもの在宅時間が大幅に伸びるなどの生活環境の変化によって、児童虐待の発生や被害の深刻化が懸念されています。

また、外出自粛や休業の要請が行われていることから、保護者の生活への不安やストレスも児童虐待につながる恐れがあります。

子どもの変化や、子育てに関することで心配や悩みが増えていませんか?

匿名でのご相談もできます。ひとりで悩まず相談してください。

相談窓口

児童相談所虐待対応ダイヤル「189(いちはやく)」

「189(いち.はや.く)」の3桁を発信すると、最寄りの児童相談所につながります。

通話料無料、24時間365日対応。

連絡は匿名でも行うことができます。連絡者や連絡内容に関する秘密は守られます。

緊急時は、110番通報をしてください。

唐津市家庭児童相談室

電話:0955-53-7181

月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分)

佐賀県北部児童相談所

電話:0955-73-1141

189

問い合わせ

子育て支援課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9151