ホーム > 市政情報 > 広聴 > 意見箱(唐津市へのご意見・ご提案) > 年度別回答 > 平成28年度 > 唐津映画「花筐(はなかたみ)」についての行政の姿勢対応について(平成28年9月30日回答)

  • もっと知りたい 唐津まちナビ
  • イベントカレンダー
  • 施設を探す・予約する
  • よくある質問
  • 各種相談

ここから本文です。

更新日:2016年10月11日

唐津映画「花筐(はなかたみ)」についての行政の姿勢対応について(平成28年9月30日回答)

ご意見・ご提案

唐津映画「花筐」の撮影も残すところ10日余りとなりました。大林監督はじめキャスト、スタッフ、協力企業、ボランティアの皆さま、作品完成に向け夜を徹して懸命に頑張っておられます。ご承知の通り本作品は我唐津を舞台にした、この先二度とないであろう貴重な映画です。国政では地方創生、地域振興が重要な政策テーマとなっている中、大林監督、推進有志が正にその素材を提供してくれているのです。唐津市として多額の財政を負担することなく、市だからこそできる市民老若男女に唐津映画の意義、広報、ボランティアエキストラの参加呼びかけ、残る撮影を盛り上げる手立てを是非発信して欲しい。何となく暗く淀んだ市政の空気を市民の力で今こそ一気に変えるべきです。市が応分の支援協力をされていることを踏まえての提案です。私は末端のいちボランティア、エキストラですが、それぞれの現場ではまだまだマンパワーの必要性を感じます。考慮をお願いします。

 

お答えします

「唐津市へのご意見・ご提案」をいただきありがとうございました。

ご意見(提案等)について、次のとおり回答します。

唐津映画「花筐」については、現在、唐津映画製作推進委員会がボランティアスタッフ、エキストラの皆さまとともに唐津映画製作に頑張っていらっしゃることを存じ上げております。また、敬意を表しております。

現在、ボランティア、エキストラについては、推進委員会がまず一般の登録者への呼びかけを行われ、人数が不足する場合には唐津市まで連絡をいただくことになっております。連絡をいただいた際には市役所職員へ呼びかけを行いスタッフとして参加可能な職員を撮影現場へ日々送り出しております。

ご提案いただきましたように、広く一般の方へ呼び掛けたいところですが、映画の撮影という性格上、撮影場所や役者等に関することは非公開となっており、推進委員会からも広報について充分に注意してほしいという依頼を受けておりますので、このような方法をとっているところです。

具体的な内容の周知は困難な状況ですが、市のホームページで再度、この映画のボランティア募集について掲載いたしております。

唐津映画「花筐」のクランクアップまで間近となりました。唐津市としましてもこの映画の撮影が無事に終わりを迎え、美しい古里映画に仕上がっていくようサポートしていきたいと思っております。

内容分類

子育て・教育・スポーツ・文化

 

 

問い合わせ

文化振興課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-7129