ホーム > 市政情報 > 広聴 > 意見箱(唐津市へのご意見・ご提案) > 年度別回答 > 平成28年度 > 駐在員手当及び各種委員手当、市会議員の政務調査費等の公表について(平成29年1月18日回答)

  • もっと知りたい 唐津まちナビ
  • イベントカレンダー
  • 施設を探す・予約する
  • よくある質問
  • 各種相談

ここから本文です。

更新日:2017年2月16日

駐在員手当及び各種委員手当、市会議員の政務調査費等の公表について(平成29年1月18日回答)

ご意見・ご提案

駐在員の後任が決まらないとかで、現職駐在員が困っているケースをよく耳にします。駐在員は無報酬のボランティアでなく、唐津市の非常勤職員(特別公務員)として、報酬が支給されている事を知らない市民が非常に多い現状である。報酬が支給されていることを公表すると、区(町内会)・市のために貢献しようと思われるシニア世代の人にも理解が広まり、活性化に繋がるものと思う。

また、市議の政務調査費、各種委員会等の委員報酬等についても情報公開制度に基づき広く公表して、ガラス張りの行政運営にしていただきたいと思います。デメリットはないと思う。

お答えします

「唐津市へのご意見・ご提案」をいただきありがとうございました。

ご意見(提案等)について、次のとおり回答します。

駐在員は市の非常勤特別職として、「唐津市特別職の職員で非常勤のものに対する報酬及び費用弁償に関する条例」において報酬額を基本月額17,000円、加えて世帯割として1世帯につき200円と定めていますので、各地区の世帯数から算定いただけます。その他各種委員の報酬も当条例においてご覧いただけるようになっています。(条例は、唐津市ホームページでご覧頂けます。)

駐在員には市民の皆さんと行政を繋ぐ大切な業務を担っていただいております。今後も、駐在員への報酬が支払われていることの周知が不足しているというご意見を踏まえまして、できる限り駐在員制度の周知に努めていきたいと思います。この度は貴重なご意見をありがとうございました。(担当課:総務課)

 

唐津市が交付している政務活動費(※1)につきましては、情報公開制度の趣旨に則り、「唐津市情報公開条例」の規定による開示請求者の公文書開示請求に応じて、収支報告書並びに領収書の写しを、閲覧または写しの交付等の方法により開示を行っております。また、「各種委員会等の委員報酬等」につきましては、「唐津市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例」の規定より、議員報酬と本会議や唐津市議会委員会条例に規定する委員会等に出席した場合に、費用弁償を支給いたしております。こちらにつきましても「唐津市情報公開条例」の規定により、公文書の開示請求を行うことができます。今後とも、市民に身近で開かれた議会運営を目指してまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。この度は、貴重なご意見ありがとうございました。

(※1)政務活動費

平成24年地方自治法の一部改正に伴い、政務調査費の名称を「政務活動費」に、交付目的を「議員の調査研究その他の活動に資するため」と改められた。(担当課:議会事務局)

内容分類

税・財政・市政全般・その他

 

問い合わせ

総務課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9113

議会事務局 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9162