ホーム > 市政情報 > 広聴 > 意見箱(唐津市へのご意見・ご提案) > 年度別回答 > 平成28年度 > 玄海原発の再稼働について(平成29年3月10日回答)

  • もっと知りたい 唐津まちナビ
  • イベントカレンダー
  • 施設を探す・予約する
  • よくある質問
  • 各種相談

ここから本文です。

更新日:2017年4月7日

玄海原発の再稼働について(平成29年3月10日回答)

ご意見・ご提案

唐津市も原発再稼働に賛成ですか?テレビで福島を見ると涙がでます。住民に何の責任があるのでしょうか。家族がバラバラになる事態はかわいそうを通り過ぎ哀れです。核のゴミの処理もできないのに更に発生させるのはどういうことでしょうか。先日壱岐対馬に行ってきました。住民は事故時にどうすればいいのでしょうか。旅行中に事故が起きたらと不安になりました。呼子のイカのお造りを博多で食しました。福島の魚と同様にならないことを願うばかりです。故郷を子供達は自慢できるのでしょうか。友達を連れて帰ってくるでしょうか。住民の安全、安心が行政の根幹だと思います。

お答えします

「唐津市へのご意見」をいただきありがとうございました。

ご意見について、次のとおり回答します。

原子力発電所については、安全性が確認され、基本的には住民の安全を第一に考えることが大前提です。唐津市は、玄海原子力発電所が立地する玄海町の隣接市として、原子力発電所施設の安全確保が何よりも重要だと位置づけており、玄海原子力発電所3、4号機の再稼働については、佐賀県や事業者に対して唐津市民の意見を十分考慮することなどを従来から申し入れてきました。唐津市としては、玄海原子力発電所の再稼働については、原子力規制委員会の審査結果を踏まえた上で、国や事業者の考え方を唐津市民の代表である唐津市議会とともにしっかり確認し、唐津市議会の意向も汲み取りながら、唐津市としての考え方を整理することになります。万が一の事故の際については、唐津市では「原子力災害対応避難(行動)計画」を策定していますが、原子力防災訓練等を通じて課題を洗い出し、また、新たに得られた知見により絶えず内容を見直すなど、原子力防災対策、避難計画に完璧なものはないというスタンスで引き続き充実改善に国、県と連携ししっかりとこれからも取り組んでいきたいと考えています。

この度は、貴重なご意見をありがとうございました。

内容分類

税・財政・市政全般・その他

 

問い合わせ

危機管理防災課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9260