ホーム > 市政情報 > 広聴 > パブリックコメント > ご意見への回答 > 唐津市いじめ防止基本方針案についての意見

  • もっと知りたい 唐津まちナビ
  • イベントカレンダー
  • 施設を探す・予約する
  • よくある質問
  • 各種相談

ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

唐津市いじめ防止基本方針案についての意見

意見募集結果

意見募集期間 平成26年12月24日(水曜日)から平成27年1月27日(火曜日)まで
意見提出者 1人
提出方法 窓口で提出

公表した案など

住民からの意見

意見の趣旨 市の考え方

お役所ことばの羅列、接続詞の多使用、1文が長文化しているところがあり読みづらい。

お役所ことばについては、文書法制上の表現を使用しなければならない場合もありますが、可能な限り理解しやすい表現に改善します。
いじめの被害者だけではなく、加害者への指導、支援、ケアの教育的配慮も必要ではないのか。 3.の1の⑸の2.において、いじめからの立ち直り支援の中で、加害者への指導・支援も行うよう記載しています。
私学との取り組み・連携は考えないのか。 管轄は違いますが、いじめ防止に向けて、県のこども未来課と連携、情報共有をします。管轄は違いますが、いじめ防止に向けて、県のこども未来課と連携、情報共有をします。
対策委員会のメンバーに、教育関係者以外に福祉機関関係、犯罪被害者対策関係機関なども委員会メンバーに入れた方がよいと考える。

条例の中で、臨時委員を対策委員会に置くことができるとしており、必要に応じて委員会のメンバーに入れたいと考えています。

幼稚園、保育所、子ども園との連携を考えてほしい。 新入学児童の面接調査の実施や、要保護者等対策地域協議会の中で情報共有、連携を図り、幼児期からの情報収集に努めます。
学校の取組への指導・支援の部分で、SC、SSWなど教育関係機関の配置以外に、唐津市福祉事務所の家庭児童相談員、児童相談所との連携を案に入れてほしい。 福祉事務所や児童相談所と情報共有、連携は大切なことであり、3.の1の⑷の1.に含まれています。
保護者・地域と取り組みへの支援の部分で、主任児童委員、地域社協、福祉員との連携、情報の共有に努め、地域での子どもの見守り活動など進めていくべきではないのか。 主任児童委員や地域社協との連携、情報の共有は大切なことであり、3.の3の⑷・⑹に含まれています。
再調査の結果を踏まえた措置等の部分で、「財政および心身保護の措置」を打ち出したほうがよいのではないか。 今後、施策の中で検討していきたいと考えています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

学校教育課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9158