ホーム > 市政情報 > 広聴 > パブリックコメント > ご意見への回答 > 唐津市公共下水道及び都市下水路の構造の技術上の基準等に関する条例案についての意見

  • もっと知りたい 唐津まちナビ
  • イベントカレンダー
  • 施設を探す・予約する
  • よくある質問
  • 各種相談

ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

唐津市公共下水道及び都市下水路の構造の技術上の基準等に関する条例案についての意見

意見募集結果

意見募集期間 平成24年10月1日(月曜日)から平成24年10月31日(水曜日)まで
意見提出者 1人
提出方法 Eメールで提出

公表した案など

住民からの意見

基本的な表現について

意見の趣旨 市の考え方

終末処理場の維持管理に放流水水質検査を追加して頂きたい。
現在の終末処理場について日間排水量が水質汚濁防止法に該当しない処理場は浄化槽法の基準に則って水質基準を管理されている。
その場合だと有害物質の管理が出来ていないため排水量が少なくとも河川や海域に汚染の可能性がある。
又、通常の維持管理に加え、緊急時の対応処置の基準も定めてもらいたい。
問題が発生して解決するまでの間にも終末処理場から常時排出される放流水があり、河川や海域に汚染のおそれがあるため、生活環境の保全又は人の健康の保護のためにも必要ではないかと考える。
緊急時こそ速やかに対応できる検査機関の選定方法や迅速な検査結果の公表が求められるのではないだろうか。

放流水の水質検査については、下水道法第21条第1項により実施することと規定されています。
今回の条例は、下水道法の改正により「排水施設及び処理施設の構造の基準」、「終末処理場の維持管理の基準」及び「都市下水路の構造及び維持管理の基準」について、公共下水道の管理者である市の条例で定めることとなったために制定するものです。
しかし、放流水の水質検査については、公共下水道の管理者に対して条例委任規定は設けられておりませんので、この条例において放流水の水質検査の項目を規定することは不適当と考えます。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

下水道管理課 

〒847-0861 佐賀県唐津市二タ子3丁目1番6号

電話番号:0955-72-9145