ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2017年 > 2月 > 平成28年度呼子地区自治公民館研修会「呼子に元気をよびこもう!」(平成29年2月7日、城谷祥子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2017年2月9日

平成28年度呼子地区自治公民館研修会「呼子に元気をよびこもう!」(平成29年2月7日、城谷祥子)

身近な薬草の会代表の松本さんによる講演

~地域の絆をたいせつに~というサブタイトルで呼子地区自治公民館の研修会が以下のプログラムで催されました。
●お出かけ志援隊朗読劇(呼子町地域婦人会)
●知っておれば役に立つ野菜や薬草(身近な薬草の会代表松本久さん)
●唐津市立海青中学校音楽部発表
●呼子の昔ばなし朗読(読み聞かせサークル読みっこ♡よぶこ)
●HARUSpecialTalk&Live~ハル~スペシャルトーク&ライブ
身近な薬草の会代表の松本さんは、お父様が呼子町小川島のご出身。ご自身の奥様の大病を薬草で改善したことから、薬草の力を広く伝える活動をしておられるそうです。「お正月に欠かせない松竹梅もそれぞれに薬効があり、意味のあるものなのです。」など、本当に身近な薬草のお話に、皆さん熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

海青中学校音楽部の1年生14名の部員のみなさん

海青中学校音楽部は、現在1年生のみ14名の部員で活動中だそうです。この日は、「花は咲く」「結-ゆい-」「夕やけ小焼け」を美しいハーモニーで披露しました。今年度は鎮西地区の文化祭や老人ホームでも発表することが出来たそうです。

読み聞かせサークル『読みっこ♡よぶこ』による朗読と絵の投影

読み聞かせサークル『読みっこ♡よぶこ』による朗読では、絵本「呼子のむかし話」より『観音様と盗人』『河童と紫の石』『七ツ釜と黄泉の国』『佐用姫伝説』の4話が朗読されました。プロジェクターにより映し出される絵を見ながら、お話に聴き入りました。

~ハル~スペシャルトーク&ライブ「手のひらを太陽に」の呼子版

~ハル~スペシャルトーク&ライブ
ギター・ヴォーカルのオオガタミツオさんと、ケーナやフルート・パーカッション・ヴォーカルのハルさんによるデュオです。南米音楽が母体となっているどこか懐かしい、心に沁(し)みる、息の合ったお二人の演奏と歌にうっとりしました。一緒に歌いましょうということで、なんと「手のひらを太陽に」の歌詞を呼子版に変えて会場の皆さんも元気に歌い、盛り上がりました。

最後には海青中学校音楽部の皆さんもステージに上がり、「故郷(ふるさと)」をハルさんたちと合唱。感動のステージとなりました。このほか、展示コーナーには呼子町老人クラブ水光会が取り組むサフラン事業の活動や、サフランを使った料理。試食コーナーでは、呼子町地域婦人会による防災食&郷土食が提供されました。たいへん盛りだくさんなプログラムで、楽しんだり学んだり。盛況のうちに自治公民館研修が終了しました。(所在地:呼子公民館)

問い合わせ

市政広報課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189