ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2015年 > 3月 > 玉島小学校卒業証書授与式(平成27年3月19日、吉村悦子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2015年3月29日

玉島小学校卒業証書授与式(平成27年3月19日、吉村悦子)

緊張した面持ちで待つ卒業生

3月19日(木曜日)唐津市立玉島小学校で第135回卒業証書授与式が行われました。
この日は朝から小雨のお天気となりましたが、校庭の白いコブシの花も13名(男子7名、女子6名)の卒業を祝うように咲き誇っていました。

卒業証書授与

卒業生は壇上に上がり、加茂律子校長先生から卒業証書が渡されると、丁寧にお辞儀をして受け取りました。
そして今まで小学校で学んだことや中学生になったら頑張りたいことなどを大きな声で発表しました。
「中学校に行ったら野球部に入って頑張りたい」「友達をたくさん作りたい」、また「お父さん、お母さんありがとう」と感謝の気持を述べました。

新たな決意を

校長先生の式辞では、卒業証書は6年間の全ての学習が終了し、困難を乗り越えてきた証であること、先生たちの教えを素直に受け止め身も心も成長したことなどが話されました。

卒業生に感謝の言葉を

また、みんなで玉島小学校の校歌について勉強したことから、校歌の2番“賢い知を磨こう”、3番“強い身体を鍛えよう”、4番“豊かな情(こころ)培おう”の中から「磨き、鍛え、培おう」という言葉を贈られました。

合唱、旅立ちの日に

別れの集いでは、在校生が卒業生一人ひとりに「一緒に学校に行ってくれてありがとう」「優しく教えてくれてありがとう」「とてもかっこ良かった」などと感謝の言葉を述べました。

卒業おめでとう!!

卒業生は「心のこもったお祝いの言葉をありがとうございました。あふれる喜びと感謝を胸に卒業します」と答辞を述べ、最後に『玉島小の誇りと絆(きずな)と勇気を持ち、新たな世界へ羽ばたこう、さようなら』と6年間通った学び舎を巣立っていきました。

(浜玉町「玉島小学校」)

問い合わせ

市政広報課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189