ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2015年 > 4月 > ツール・ド・九州2015in唐津~開幕戦開催~サービスパークもおもしろい!~(平成27年4月11日~12日、坂田あや子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2015年4月15日

ツール・ド・九州2015in唐津~開幕戦開催~サービスパークもおもしろい!~(平成27年4月11日~12日、坂田あや子)

11日唐津神社前からのスタートしたラリーカー

4月10日(金曜日)~12日(日曜日)まで、第10回ツール・ド・九州in唐津が開催されました。JAF全日本ラリー選手権第1戦は、唐津神社からのスタート。メイン会場は、唐津港東港地区周辺を中心に、浜玉町や相知町競技区間でも競技が開催されました。
競技にエントリーしたのは55台。エントリー数も増えるにつれ、全国からの観戦客も増加しています。

12日本部前女性ドライバ―いとうりなさん

女性ドライバーいとうりなさんは、所属Mスポーツのスタッフと共に1年空けて今大会2回目の参戦。同スタッフの加藤さんは「ドライバー、コ・ドライバーのトータル管理が大切。整備もだが食事の面まで、1日中走るドライバーらのサポートに徹する。しかし、いちばんは自己管理。」と話をされドライバーのサポートをされていました。

トラブル発生車の修理に取り組む整備士

サービスパークエリアをのぞくと、ドライバーの縁の下の力持ちであるスタッフは大忙し。トラブルの発生した車を素早く点検・修理するその整備技術のすごいこと。手際の良さにびっくりしました。

点検・整備に不可欠な機材搭載のトラック

「レース中は、与えられる2回の整備時間。1回20分~30分の時間内で不具合を見つけ調整・修理をする。時間内に終わらなければペナルティが課せられる。」とお隣福岡県のアズリードのスタッフさんに教えてもらいました。

アズリードのスタッフと過去ラリー大会優勝者山口(中央)・松尾(中央右)ペア

アズリードのスタッフさんとお話をしていると山口修ドライバー(鹿児島)と松尾博成コ・ドライバー(福岡)が来られました。このお二人は、過去に全日本クラスで優勝の実績があり、山口さんは、世界大会参戦経験もあるとか。
松尾さんは「より速く、安全マージンの確保が大切。ナビゲーターは、落ち着いてドライバーをコントロールする役割。30年以上前からラリーレースに参加。当時、テクニックなど教える人がいなくて、機会があれば多くの車に乗って、体験の中から知恵・技術を学んできた。自分で学び取り知恵・技術を活かすことが大切。」と語られました。

舞台裏の縁の下の力持ち、知恵と技術の集結するエリア

サービスパークエリアを歩くと、歴代の優勝者の凄腕ドライバーや優れた技能を持つ整備士の人たちに遭遇するチャンスが。「表舞台のレースも楽しいが、サービスパークエリアでサポートに徹する人たちから学ぶことも多くおもしろい。」と感じた今回の取材!
大会を支える多くのスタッフ、ボランティアの力の大きさを目の当たりにして、今までにないラリー大会の楽しさを味わえました。ラリー大会は、唐津から次のラリーチャレンジ長野へとつながります。

問い合わせ

市政広報課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189