ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2015年 > 9月 > 合唱組曲『唐津』練習風景(平成27年9月24日、城谷祥子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2015年10月5日

合唱組曲『唐津』練習風景(平成27年9月24日、城谷祥子)

ソプラノパートの練習風景。指導は久我孝子先生

「幻の合唱組曲『唐津』を、小泉和裕指揮のもと九響フルオーケストラで歌いましょう!」というコンセプトで、これまで唐津ではなかったスケールの合唱団員の募集がありました。(募集は終了しています)

アルトパートの練習風景。指導は兼田雅子先生

この募集に応えた140名程の方たちが、7月30日に結団式を終え、すでに練習に励んでいらっしゃいます。取材時点で、ソプラノ67名、アルト82名、テノール21名、バス23名。唐津市民会館を練習会場として、毎月3回ほどのペースで練習が行われています。

テノールパートの練習風景。指導は斧山裕一先生

合唱組曲『唐津』は、作曲:團伊玖磨(だんいくま)、作詞:栗原一登により制作された約35分の大曲です。これまでその一部が発表されたのみで埋もれていたものを、今回「地元唐津でオーケストラの演奏と市民合唱団により全楽章を披露」することを目標として実行委員会が起ちあがり団員を募集されました。練習は、毎回パート別練習を70分、全体練習を40分という本格的かつハードなものですが、パート別の先生方の熱心なご指導に、団員の皆さんも一生懸命です。

バスパートの練習風景。指導は山浦五郎先生

総合指導の永富先生の全体練習は、ユーモアも交え和やかな雰囲気の中にも熱のこもったものでした。公演本番が今から楽しみですね。(取材地:唐津市)

全体練習。指導は永富啓子先生。全パートがそろうとボリュームも増し、合唱曲としての姿が見えてきます。

公演の内容については次の通りです。/公演日:2016年(平成28年)10月10日(月曜日・祝日)/会場:唐津市民会館大ホール/プログラム:1部九州交響楽団特別公演、2部合唱組曲『唐津』市民大合唱/指揮:小泉和裕、演奏:九州交響楽団フルオーケストラ、合唱:合唱組曲『唐津』市民合唱団

問い合わせ

市政広報課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189