ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2016年 > 3月 > オカリナミニコンサート(平成28年3月4日、吉村悦子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2016年3月8日

オカリナミニコンサート(平成28年3月4日、吉村悦子)

演奏会の始まりです

3月4日(金曜日)平原小学校でオカリナミニコンサートが開催されました。

オカリナの大きさで音が変わるそうです

この日は午前中に6年生ありがとう集会が行われ、全校生徒が一緒に給食を食べ楽しい時間を過ごしました。午後からは心に残る思い出をということでオカリナのコンサートを鑑賞しました。

色々なオカリナ

オカリナ演奏家の荒木あつ子先生がオカリナと言う楽器の種類や演奏曲の話を分りやすく説明しながら色々な曲を演奏されました。「ジュピター」や「さんぽ」「コンドルは飛んでいく」など生徒が知っている曲もたくさんありました。「風とケーナのロマンス」と言う曲は5年生が授業で学んでいるとのことでケーナとギターで演奏されました。

6年生から感謝のお花

また、一緒に参加してくださったピアノの坂口先生はリストの「愛の夢」を、ギターの笹山先生はあの有名な「アルハンブラ宮殿の思い出」を、それぞれにソロで演奏してくださいました。生徒達はどこかで聞き覚えのある曲だと思い出したりしながら静かに耳を傾けていました。

ギターは初めて?

最後に天に向っていく竜のような気持を現して荒木先生が作曲されたという「天に舞う」という曲が演奏されました。「何事にもチャレンジしていく心を持ってください」とコンサートは終わりました。

興味津々お話を聞きました

その後生徒達がコンサートの感想を述べました。「ミラクルオカリナがすごかった」「ピアノの手を交差して弾く所があったりすごかった」「ギターの指が次々に動いていてびっくりした」など身振り手振りを加えての感想でした。先生達は嬉しそうに聞いておられました。それから先生達の周りに集まってケーナやギターなどを触らせてもらったり話を聞いたり興味津々の様子でした。平原小学校のイメージにぴったりの演奏会でした。良い思い出になったことでしょうね。(取材地:浜玉町平原小学校)

問い合わせ

市政広報課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189