ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2016年 > 5月 > 小中連携サークルクラブ活動(平成28年5月12日、吉村悦子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2016年5月13日

小中連携サークルクラブ活動(平成28年5月12日、吉村悦子)

札をしっかり見て

5月11日、浜玉町で浜玉町小中連携協議会主催によるサークルクラブ活動が行われました。

むずかしい局面は説明を聞きながら

このクラブ活動は平成10年から開催されており町内の浜崎・玉島・平原小学校と浜玉中学校の4校で年に4回連携して行われています。これは連携して交流することによって小学校から中学校へ上がる際に子どもたちがスムーズになじむことができるようにということが目的とされています。また、サークルクラブの講師は地域の人がボランティアでされていて、多くの地域の人との連携・交流も同時に行われるということです。今日はひれふりランドで行われていた「かるたと日本文化」「囲碁」「太極拳」にお邪魔しました。

やさしく教えながらの対局

「かるた」では五色百人一首が行われていましたがみんな真剣に取り札を見つめていました。講師の方が上の句を読み上げられると映画の「ちはやふる」さながら手でパンと払って取る生徒もいました。

力強く練習の成果を披露

「囲碁」の会場では講師の方の説明を受けながら対局している生徒や中学生が後輩に教えながら対局している場面などほほえましく見学しました。生徒に聞きましたら「むずかしいけど面白い」と返ってきました。

お互いの成果を見ようと4人ずつで(カッコいいですね)

また「太極拳」ではちょうどレッスンが終わったところで「今まで練習したところを見てもらいましょう」ということで、案内してくださった先生と一緒に演舞を見せていただきましたが講師の方は「子どもたちは覚えが早いです」と言われました。

おつかれさま、さようなら

サークルは他にも浜崎祇園囃子(はやし)やゲートボール・料理など21サークルあり、生徒たちがその中から希望して参加します。学校の活動では体験しないことなどを地域の人の協力を得て小学生・中学生・地域の人が一体になって有意義な交流が行われました。また機会があればほかのサークルを取材したいと思います。(取材地:浜玉町)

問い合わせ

市政広報課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189