ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2016年 > 8月 > 猛暑のなか清流を登る(平成28年8月22日、鬼塚幹雄)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2016年8月25日

猛暑のなか清流を登る(平成28年8月22日、鬼塚幹雄)

開会式(七山中学生もボランティアで参加)

開会式(七山中学生もボランティアで参加)

7月31日(日曜日)に七山の一大イベントとなっている「2016国際渓流滝登りinななやま」が七山滝川の鳴神の丘運動公園を会場として開催されました。

国際色豊かな選手宣誓

国際色豊かな選手宣誓

今大会には22カ国130名の外国人を含む、1,300人を超える方々が参加され、七山の清流のなかでひとときの納涼を楽しまれました。

川の水はすごく冷たい!

川の水はすごく冷たい!

簡単にコースを紹介すると、まず鳴神の丘運動公園からスタートするとすぐ滝川川のなかに入り上流まで登り、それから遊歩道を歩いて観音の滝まで行き、折り返しは市道を歩き鳴神の丘運動公園に戻るコースとなっています。その途中のチェックポイントでは冷たいトマトや、うどんも振る舞われていました。

外国からの参加者もいっぱい!

外国からの参加者もいっぱい!

私も20年ほど前からボランティアのひとりとして参加させていただいていますが、ますます大会は知名度があがり参加者も多くなっています。

川に飛び込む選手

川に飛び込む選手

これも昭和62年に滝登りをはじめられた村おこしグループ「大雨風七山(ううばんぶーななやま)」から、現在の主催者「滝登り実行委員会」へとつながる村おこしの熱意のたまものだと感じます。

ステージショーは大盛り上がり

ステージショーは大盛り上がり

また大会の運営にはボランティアの方々の参加がかかせないものとなっており、今年は330名のボランティアが参加され、うち半数近くは七山以外の方々と広い地域での協力及び交流も深まっているようです。(取材地:七山、観音の滝周辺ほか)

問い合わせ

市政広報課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189