ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2017年 > 2月 > 第11回かんねまつり開催~環境や防災について考えてみよう~(平成29年2月6日、坂田あや子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2017年2月9日

第11回かんねまつり開催~環境や防災について考えてみよう~(平成29年2月6日、坂田あや子)

楽つみ木のブース、エコを考えた積み木

2月5日(日曜日)唐津市ふるさと会館アルピノで第11回かんねまつりが開催されました。

唐津商業高校からつ学美舎ブース

今回は、特別に昨年4月に発生した熊本地震の「ゼロの阿蘇~長野良市さんの写真展~」も開催されていました。そのほか「かんねまつり」では、環境にやさしい車超小型モビリティ、災害時に活動するレスキューバイクの展示、おもちゃの修理、消防署のAED講習、市民団体・企業・学校・行政などによる18の出店ブースがありました。

子どもたちと魚釣りを楽しむ唐ワンくん

高校生マルシェでは、唐津商業高校「からつ学美舎」のみなさんが、ふるさと唐津をイメージして作った物品販売もあり学校のPRをしていました。屋外では、水素で走る「燃料電池自動車」の体験試乗会(NPO法人温暖化防止ネット主催)もあり、参加者は試乗を楽しまれていました。

生活環境対策課の展示ブース

ゆるキャラの唐ワンくんや虹松まもるくんも参加。多くの人たちとコミュニケーションをとって、楽しく遊び学ぶまつりの場となっていました。

危機管理防災課の展示ブース

唐津市役所の生活環境対策課からは、環境(水・エネルギー、地球温暖化など)についてのクイズ問題など展示、危機管理防災課からは、市役所職員の被災地派遣の活動報告と災害時に役立つ5つのグッズ「懐中電灯」「ガムテープ」「使い捨てマスクと消毒液」「手袋とヤッケ」「携帯電話の予備電池」の防災時の心構えなどのパネル展示は、とても役に立ちました。

子どもたちの消火活動体験

唐津市消防本部は、子どもたちに水消火器で消火活動体験を実施。子どもたちも消防隊員の指示を仰ぎ、真剣に消火活動に取り組んでいました。子どもから大人まで幅広い世代がいっしょになって防災や環境について学んだ一日。常日ごろから少しずつ防災や環境について心がけたいものです。(取材地:ふるさと会館アルピノ)

問い合わせ

市政広報課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189