ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2018年 > 7月 > 浜崎祇園-祭り点描(平成30年7月24日、吉村悦子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2018年7月30日

浜崎祇園-祭り点描(平成30年7月24日、吉村悦子)

笑顔で記念撮影

笑顔で記念撮影

今年もまた7月21日、22日に浜崎祇園祭が行われました。

佐大ハワイアンバンドの懐かしのメロディー

佐大ハワイアンバンドの懐かしのメロディー

毎日記録的な暑さで熱中症が心配されましたが、例年通り大勢の見物客でにぎわいました。
21日は曳山(ひきやま)公園で「市民協働のまちづくり事業」を活用した頑張ろう浜玉の会主催によるイベントの祭りの夕べも開催されました。盛りだくさんの内容で、佐賀大学ハワイアンバンドの演奏やフラダンス、地元の還暦バンド「早酔姫(さよひめ)」の演奏、また初めて見るベリーダンスなど。そして歌ウマ小学生歌手梅谷こころちゃんが祭りの夕べの最後を飾って盛り上げてくれました。

ワンコも法被で参加

ワンコも法被で参加

イベント広場でお祭りを楽しむ人たちに出会いましたので写真を撮らせていただきました。
一番目のお客様は、相知エルアン幼稚園の皆さんです。「午前中のお散歩を急きょ飾り山笠見物に変更したんですよ」と話してくださいました。かわいいワンちゃんに手作り法被(はっぴ)を着せている人を見つけました。「暑いのに法被着て大丈夫ですか?」と聞いたら、ちゃんと保冷剤が巻き付けてありました。

ALTの皆さん格好いいですね

ALTの皆さん格好いいですね

外国人の人たちの法被姿を見つけました。「全員が佐賀県在住のALTです」と元気よく答えてくれました。下のいでたちが半ズボンだったので「締め込み姿はどうですか?」と聞きましたら「今回は初めてなのでちょっと抵抗がありましたが来年は挑戦したい」と笑顔で答えてくれました。遠くは武雄や鹿島から参加されていました。

早酔姫さんも手話を交えて熱唱

早酔姫さんも手話を交えて熱唱

年代物の帽子をかぶって写真を撮られていた人は、高齢の方でしたが「祇園さんで親父がいつも被っていた物と同じだよ」と懐かしそうでした。

力強くヨイヤサー!

力強くヨイヤサー!

あたりが暗くなって来たころ、灯りをつけて一段と華やかになった飾り山笠が「ヨイヤサー!」の掛け声とともに近づいてきました。
(取材地:浜玉町浜崎祇園のイベント会場)

問い合わせ

市政広報課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189