ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2019年 > 2月 > 第59回郡市対抗県内一周駅伝大会~郷土愛、誇りを胸にたすきをつなぐ~(平成31年2月18日、坂田あや子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2019年2月19日

第59回郡市対抗県内一周駅伝大会~郷土愛、誇りを胸にたすきをつなぐ~(平成31年2月18日、坂田あや子)

白バイ隊に見守られながらの接戦

2月15日(金曜日)~2月17日(日曜日)の3日間、全33区間をたすきでつなぐ第59回郡市対抗県内一周駅伝大会が開催されました。

小城の中学生ランナーも力走

初日は、11区間基山町役場~嬉野市までの101.8kmのコース。
2日目は、嬉野市役所嬉野庁舎~玄海町社会体育館までの12区間の92.2kmコース。選手の皆さんは寒風にも負けず、懸命に駆け抜けていきました。
私は、21区町田区間の沿道に待機。中学生ランナーの懸命な走りに沿道の声援も大きくなっていました。20区間の養母田から21区を走った小城代表の中学生ランナー山﨑雄允(やまさきゆうすけ)選手。唐津に住む親せきの人たちの沿道からの熱いエールに支えられ、次の選手へとたすきをつないでいました。

地元唐津の阿部宇宙選手

3日目は、唐津市役所前~佐賀市佐賀新聞社前の10区間、78.9kmを競うレース。
地元唐津・玄海チームの24区を走る、出場回数5回の九大大学院生の阿部宇宙(あべたかみち)選手。スタート前、元気な笑顔で写真撮影に応じてくれました。

緊張が走るスタート3秒前(唐津市役所前)

緊張の一瞬、午前9時に24区のランナーたちは、唐津市役所前をスタート。
白バイ隊に見守られながら町なかへと駆け抜けて行きました。
沿道にいた男子小学生は、「近所なので今日は皆さんを応援しに1人でやってきました。白バイ隊の人たちが約20人。こんなに多く集まるのはすごいこと!女性の隊員さんも3人いらしてかっこいい」と白バイ隊の人たちへも熱いエールを送っていました。

沿道に集まる大勢の応援者

各選手とも、故郷の人たちの声に応えようと懸命の走りを見せてくれました。
沿道の人たちも寒い中、熱い声援を選手に送り、その声援は、選手にも届いていました。
多くのスタッフの力に支えられ、3日間の大会は円滑に進められていました。
郷土愛と誇りを胸に、一つのたすきに思いをつなぐ県内一周駅伝。思いとともに次の大会へとつながっていきます。
(取材地:唐津市町田、唐津市役所前)

問い合わせ

市政広報課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189