ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2019年 > 6月 > みんなで学ぼう!唐津市教育の日(令和元年6月21日、井上久美子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2019年6月24日

みんなで学ぼう!唐津市教育の日(令和元年6月21日、井上久美子)

算数の授業.

算数の授業

6月9日(日曜日)は唐津市教育の日で、田野(たの)小学校と入野(いりの)小学校を訪問しました。

西村先生のお話が始まりました

西村先生のお話が始まりました

田野小学校では、西部教育事務所北部支所の西村政彦(にしむらまさひこ)先生が「家庭での学習のあり方」についてお話しされました。

子どもたちも熱心に聞いています

子どもたちも熱心に聞いています

まず、全国学力学習状況調査の意識調査の結果を示された上で、田野小学校の児童や保護者に努力してほしいことや工夫の仕方について話されました。保護者に対しては、子どもに何よりも規則正しい生活をさせることとして「起床」「夕食」「睡眠」の時間を固定化する、家庭学習も「決まった時間に、決まった場所で」する習慣を身に付けさせる、テレビやゲームに依存しない生活をするための約束事を家庭で決めるといった環境づくりが親としての役目であると話されました。
そして、最も大切なことは「褒めること」であり「一緒に喜ぶ」「具体的に褒める」「結果だけでなく過程を褒める」というポイントも教えていただきました。

小さなお弁当箱に好きなものをいっぱい詰めて

小さなお弁当箱に好きなものをいっぱい詰めて

入野小学校では、子どもたち自身がお弁当を作り学校に持参しました。「自分で作るお弁当の日」を年に2回実施しているそうです。
学校に向かう前に、近所で保護者に会ったので「子どもさんは、今日何時に起きられましたか?」と尋ねると、5時半や6時という答えが返ってきました。

一番楽しい時間

一番楽しい時間

その後教室に行くと、子どもたちとその保護者、先生が円になって、自分たちで作ってきたお弁当を美味しそうに食べていました。子どもたちにも起きた時間を尋ねると、4時半、5時、6時前という答え。「お弁当の日」は早起きにも効果がありそうです。

見た目もお腹も満足できそう

見た目もお腹も満足できそう

子どもたちが自分でお弁当を作り、それをみんなと楽しく食べる時間は、食について考える良い機会であり、とても良い取り組みだなと感じました。
(取材地:肥前町、田野小学校、入野小学校)

問い合わせ

市政広報課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189