ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2020年 > 11月 > 令和2年度第51回唐津市民文化祭「吹奏楽×ジャズ」JOINT CONCERT 2020 さよなら!大ホール~繋(つな)いだ手の向こうに~(令和2年11月9日、城谷祥子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2020年11月10日

令和2年度第51回唐津市民文化祭「吹奏楽×ジャズ」JOINT CONCERT 2020 さよなら!大ホール~繋(つな)いだ手の向こうに~(令和2年11月9日、城谷祥子)

音工房のステージ

本来は今年5月に開催予定だった、唐津音工房の定期演奏会が形を変えて開催されると聞き、出かけてみました。

唐津ジャズのステージ

新型コロナウイルス感染症の拡大により、社会に大きな影響が出ています。いわゆるウィズコロナが提唱されている昨今です。
文化・芸術の分野でも、その形を変えなければならなくなりました。長期間、活動休止を余儀なくされた文化・芸術団体も、コロナ対策をしながら、少しずつ手探りで動き始めています。

唐津ジャズステージのソロ、すてきでした

開演前に、唐津音工房代表の中嶋亮臣(なかじまあきおみ)さんに少しお話を伺いました。
やはり4月・5月は練習も休止。6月からいろいろと工夫しながら練習を再開したのだそうです。
今回の演奏会は、普段は一緒のステージに立つことはない「唐津ジャズワークショップ」の皆さんとの合同コンサートとして、たくさんの方のご協力により開催の運びとなり、本当に嬉しいとのことでした。

第3部合同ステージにて中嶋さんのご挨拶

第1部は唐津音工房さんのステージ。
第2部は唐津ジャズワークショップの皆さんのステージ。
そして、第3部は唐津市や周辺の吹奏楽団の皆さんも参加しての合同ステージとなっていました。最後には、唐津ジャズワークショップの皆さんも加わり、盛り上がりました。
久しぶりの演奏会、そして吹奏楽とジャズを一度に楽しめるという趣向に、私自身も心が弾みました。

合同ステージ、唐津ジャズの皆さんも加わって

プログラムは次のとおりでした。
【第1部:吹奏楽団唐津音工房ステージ】
キボウノカゼ、冬の演歌コレクション、落夏流穂(らっかりゅうすい)など
【第2部:KJWOステージ Karatsu Jazz Workshop Stage】
May's Way、Dream、The Queen Beeなど
【第3部:一般吹奏楽団合同ステージ】
吹奏楽のための「エール・マーチ」、ディープ・パープル・メドレー、コンサートマーチ「アルセナール」など
会場では、コロナ対策として、入場前に検温と手指の消毒を行う、座る席の番号を記入する、大声を出さない、座る席の間隔を1つあける、ステージから前列5列ほどは空席にするなどの対策が取られていました。

合同ステージ、アンコール

今回のコンサートの模様は、佐賀県が展開する文化芸術祭「LiveS Beyond」や「吹奏楽団唐津音工房公式YouTubeチャンネル」で配信するそうです。
(取材地:唐津市民会館)

問い合わせ

市政広報課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189