ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2021年 > 3月 > 新浜玉公民館交流ホール壁面の絵(令和3年3月30日、吉村悦子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2021年3月31日

新浜玉公民館交流ホール壁面の絵(令和3年3月30日、吉村悦子)

浜崎小学校の児童の皆さんの制作のようす

この度、旧浜玉公民館跡地に、浜玉市民センターと浜玉公民館、浜玉社会体育館を合わせた複合施設が新たに完成します。

みんなで協力して制作します

建物が完成するまでの約2年半は、公民館活動は縮小され、場所も分散して行われてきましたが、4月1日からは新しい公民館(一部)が利用できるようになります。
そこで、新公民館開館の記念企画として、建物2階にある公民館内の交流ホールの壁面に「浜玉の宝」と題して、浜玉町内の3つの小学校の児童の皆さんによる壁面絵が制作されました。

高いところは脚立を使って

平原小学校と玉島小学校の児童の皆さんが描く日(2月2日・3日)に、取材に行きました。
それぞれテーマがあり、平原小学校は、学校で取り組んでいる仲良しの種のヒマワリとメダカ池、バルーンリリースなどを、4・5年生15人で描きました。

平原小学校の児童の皆さん

玉島小学校は、玉島の宝ということで、玉島川のアユや大事に育てている校庭の晩白柚(ばんぺいゆ)などを、美しい虹とともに描きました。
児童たちは、それぞれ下絵を描く人や色をつける人、脚立を使って壁面の上部を受け持つ人など、工夫して取り組み、すてきな壁面絵ができあがりました。

どんな絵ができあがるのかな~?

3月に入り、浜崎小学校の2年生が数日かけて一番広い面を完成させ、3つの小学校の壁面絵が見事完成しました。
あとは、新しい公民館の開館の日を待つばかりです。

玉島小学校の児童の皆さん

児童の皆さんに描いたあとの感想を聞きましたら「みんなで図案を考えたりして楽しかった~」「開館したら家族と一緒に見に来てビックリ!させたい」という声が多く出ました。
今回、壁面絵の全体を掲載したいところでしたが、実際に新しい公民館を訪れていただき、感動してもらえればと思います。壁面絵は、6月末まで展示されるそうです。ぜひ児童の絵を見に来てください。皆さんお楽しみに~!
(取材地:唐津市浜玉町浜玉公民館)

問い合わせ

市政広報課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189