ホーム > まち・環境 > 都市計画 > 届出 > 大規模な土地取引には届出が必要です

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

大規模な土地取引には届出が必要です

国土利用計画法の届出制度

土地は、国民のための限られた貴重な資源で、土地の適正な取引や有効利用は、豊かで安心できる住みよい社会を築いていくために重要です。

国土利用計画法では、一定面積以上の土地取引をした場合には、契約締結後2週間以内に、買主が土地の利用目的などを届け出ることが必要となっています。

  • 佐賀県では、届出の利用目的を審査し、場合によっては利用目的の変更を勧告することがあります。
  • 届出をしなかったり、偽りの届出をすると、罰則を科せられることがあります。

届出が必要な面積

届出が必要な面積
市街化区域

2,000平方メートル以上

市街化区域を除く都市計画区域

5,000平方メートル以上

都市計画区域以外の区域

10,000平方メートル以上

唐津市には、市街化区域の指定はありません(非線引)。詳しくは、唐津都市計画図のページをご覧ください。

届出が必要な人(届出義務者)

売買などの取引で、土地の権利を取得した人

取引の形態

売買、交換、営業譲渡、譲渡担保、代物弁済、共有持分の譲渡など

賃貸借も、届出が必要な場合があります

適用除外

一定面積以上の土地取引であっても、届出の必要がない場合があります。詳しくは、都市計画課まで問い合わせてください。

届出方法

取り引きした土地の所在地がある市区町村に届け出てください。

唐津市の土地を取り引きした場合は、土地売買等届出書に必要事項を記入し、必要な

書類を添えて都市計画課に提出してください。(記入例・記入上の注意(PDF:637KB)

必要な書類

  • 土地取引の契約書の写し
  • 取引地の図面
    1. 位置図(5万分の1以上の地形図)
    2. 現況図(5千分の1以上、住宅地図など)
    3. 公図の写し(字図など)

届出の時期

契約締結後2週間以内(契約日を含みます。)

届出をしなかったり、偽りの届出をすると

6か月以下の懲役か100万円以下の罰金に処せられることがあります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

都市計画課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9136

佐賀県土地対策課
電話番号:0952-25-7034