ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 教育委員会 > 文化財 > 10月2日まで西ノ門館での「記念物100年」展を会期延長します!

ここから本文です。

更新日:2022年3月17日

10月2日まで西ノ門館での「記念物100年」展を会期延長します!

在の「文化財保護法」の前身のひとつである「史蹟名勝天然紀念物保存法」が、令和元年に制定から100年を迎えました。文化庁は、これを記念し改めて記念物保護の大切さを広報するため、令和3年度までの間、「記念物100年」事業を行っています。唐津市でも、文化庁のこの取り組みに参加し、改めて市内の「記念物」を紹介するとともに、約100年前の唐津において、遺跡や名勝の保護・観光振興に尽力し、観光都市の礎を築いた先人たちの功績にも触れる企画展を開催しています。

内にある「記念物」を継続して紹介するため、企画展を約半年間延長することになりました。前回の期間内に展示を見逃してしまった人も、是非この期間内に西ノ門館へお越しください。

展示概要

展示会場

西ノ門館1F展示室(北城内1番8号)

開催期間・日時

令和4年3月16日(水曜日)から10月2日(日曜日)まで

毎週月曜日は休館日

[注]月曜日が祝日だった場合は、その翌日が休館日となります。

入館時間は午前9時00分から午後5時00分まで

入館料・見学料

無料

展示構成の概要

第1章.「記念物100年」展の開催にあたって

  • 企画展の開催経緯と、記念物に対しての概要説明

 

第2章.唐津市の記念物

  • 全国の国指定記念物の種類と唐津内の記念物を一覧で紹介

 

第3章.観光資源としての記念物

  • 今から約100年前の大正~昭和初期は、鉄道網の整備により旅行ブームが起こり、現在の唐津市も名護屋城跡や虹の松原などが観光名所として注目されていたことを説明
  • 名護屋城周辺写真絵葉書、明治~昭和初期の観光案内パンフレットなどを展示

 

章間.唐津市内の記念物の分布と写真

  • 市内の記念物約60ヵ所の位置を地図で示し、その内半数の記念物写真を掲示

 

第4章.記念物の保護のこれから

  • 約100年前から現在に至るまで、唐津近辺の地域研究や保護活動を行ってきた「松浦史談会」の紹介と、唐津における本格的な文化財調査のはじまりを説明
  • 史談会刊行の郷土史詩や、約40年前の菜畑遺跡調査写真アルバムなどを展示

 

展示状況1展示状況2

写真:西ノ門館展示状況

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

生涯学習文化財課文化財調査係

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9171