ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 未来づくり研究会 > 平成30年度唐津市未来づくり研究会の研究発表会を開催しました

ここから本文です。

更新日:2019年6月10日

平成30年度唐津市未来づくり研究会の研究発表会を開催しました

平成30年度中に唐津市未来づくり研究会会員がおこなった研究活動の成果について、発表会を開催しました。

一般傍聴者を含めた約150人が発表を観覧し、唐津市の未来について考えるきっかけとなりました。

唐津市未来づくり研究会とは

唐津市の持続可能な発展のため、職員の意識改革や政策立案能力の向上と、組織の横断的な連携を図ることを目的とした職員有志による研究会です。原則として40歳までの若手職員を対象としていて、平成29年度に発足しました。

発表内容

  1. 住民税の勉強会で市民福祉課をレベルアップしたい
  2. 旧唐津発電所跡地でロックフェスを毎月開催したらこの街はどうなるか
  3. 唐津市民遣唐使化計画
  4. 地域資源を活(い)かした賑(にぎ)わいのまちづくり~中心市街地編~
  5. 地域資源を活(い)かした賑(にぎ)わいのまちづくり~呼子編~
  6. 交流による移住・定住の促進を目指す(平成29年度働き方改革の継続事業)
  7. イノベーションを集める「ベンチャーサポーター制度」の提案

発表風景

 

3

4

 

5

1

観覧者たちからは、

  • googlemapなどのICTを活用した事業案に興味が惹かれた
  • 業務の垣根を超えた大きな視点で研究している点が良かった
  • 事業化にあたってより具体的な課題について検討してほしかった

などの感想をいただきました。

とき

令和元年5月30日(木曜日)

10時00分~12時00分

ところ

交流プラザ多目的ホール(大手口センタービル3階)

問い合わせ

市長公室シティプロデュース係

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9115