ホーム > 暮らし > 消費生活 > 広報・啓発 > 新型コロナウィルスに便乗した悪質商法にご注意!!

ここから本文です。

更新日:2020年3月10日

新型コロナウィルスに便乗した悪質商法にご注意!!

唐津市内でも警察官などの公的機関の職員になりすまし「コロナのことで話がある」との不審電話が発生しています。「自分は大丈夫!」とそう思っている人が被害者になり得ます。被害に遭わないためには、犯人の手口を知ることが大切です。

悪質な手口はこれだ!

  1. マスクの入手が困難な状況に便乗し、「マスクを無料で送付する」などと消費者の関心をひき、メッセージ内のURLをクリックさせる手口です。URLにアクセスすると、フィッシングサイトに誘導され、スマートフォンに不正なアプリがインストールされたり、個人情報を盗まれる可能性があります。
  2. 新型コロナウィルスの感染拡大による経済活動への影響を口実にして、「金(きん)の相場が上がることは間違いない」などと怪しい投資に勧誘してきます。

被害にあわないためのポイント

  • 相手の言った電話番号にすぐに電話をかけてはいけません。心あたりのない不審な発信元からメールなどが届いた場合、メールに記載されたURLにアクセスしてはいけません。
  • 実在する事業者名が記載されていてもメール内の番号に電話したり、URLをクリックしてはいけません。
  • お金をぜったいに支払ったり、送金したりしてはいけません。
  • もうけ話を信じないできっぱり断りましょう。
  • 留守番電話で対応するのも一つの方法です。
  • 携帯電話は非通知着信拒否をしましょう。
  • 不審な電話がかかったら、一度電話を切って家族や消費生活センター、警察に相談しましょう。

相談窓口

唐津市消費生活センター話0955-73-0999

唐津警察署0955-72-2101

 

問い合わせ

市民課市民相談室

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9122