ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

救急隊

病気やけがを少しでも早く回復させるためには、病院に到着するまでの間の応急処置が重要です。特に生命に危険のある人には、救急救命士が医師と連絡を取りながら救急救命処置などを行い病院に搬送します。
消防本部では、心肺蘇生法を主とした救命講習会を開催し、救命手当を含む応急手当の普及啓発を推進しています。救命率の向上を図るためには、救急隊が現場に到着するまでの空白時間帯に、心肺停止状態で倒れた人に対して、現場に居合わせた人が心肺蘇生法などの救命手当を含む応急手当を施すことが重要です。

AED取扱訓練市民への救命講習会深夜の救急出動

問い合わせ

消防総務課 

佐賀県唐津市二タ子3丁目2番46号

電話番号:0955-72-4147