ホーム > 健康・福祉・子育て > 障がい者福祉 > 令和4年生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)を実施します

ここから本文です。

更新日:2022年10月21日

令和4年生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)を実施します

厚生労働省が、県・市町村を通じて、在宅の障がい児・者等の生活実態とニーズを把握することを目的とした「令和4年生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)」を実施します。

12月中に調査員が調査対象地区の世帯を訪問し、調査票を配布しますので、記入および郵送による回答にご協力をお願いします。

調査対象地区

全国5,363国勢調査調査区に居住する在宅の障がい児・者等を対象としており、唐津市では5地区(唐津市内3地区、浜玉町内1地区、肥前町内1地区)が調査対象となります。

また、調査対象世帯には、11月下旬に「調査実施のお知らせ」を事前に送付します。

調査対象者

  • 障がい者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)を持っている人
  • 知的障がい、発達障がい(自閉症、注意欠陥多動性障がい、学習障がいなど)、高次脳機能障がい、難病と診断されたことがある人
  • 上記に該当しないが、長引く病気やけが等により日常生活のしづらさが生じている人

調査実施期間

令和4年12月1日(木曜日)から12月22日(木曜日)までに調査員が調査対象世帯を訪問します。

[注]調査員は「調査員証」を提示します。

[注]事前に送付する「調査実施のお知らせ」を見て、訪問拒否をすることもできます。

 

詳しくは、厚生労働省ホームページ生活のしづらさに関する調査(厚生労働省)(外部サイトへリンク)を確認してください。

問い合わせ

障がい者支援課庶務係

〒847-0016 佐賀県唐津市東城内1番3号

電話番号:0955-72-9150