ホーム > 健康・福祉・子育て > 障がい者福祉 > マスク社会における聴覚障がいのある人への配慮のお願い

ここから本文です。

更新日:2021年7月7日

マスク社会における聴覚障がいのある人への配慮のお願い

聴覚障がいのある人への合理的配慮をお願いします

聴覚障がいのある人は、口の動きで相手の言葉を読み取る人が多くいます。

現在、新型コロナウイルスの影響により、公共の場所などではすべての人がマスクをしており、聴覚障がいのある人のコミュニケーションの障壁となっています。

「筆談をする」「仕切りがあり感染の危険性がない時はマスクを外して口元を見せる」など、できることから皆さんのご協力と聴覚障がいのある人への配慮をお願いします。

障害者差別解消法

平成28年4月1日に「障がい者差別解消法」が施行されています。これにより役所や会社、お店などすべての事業者に向けて、障がいのある人に対する社会の中のバリアを取り除くための合理的配慮が求められており、また、障がいのある人への不当な差別的取り扱いを禁止しています。

支えるけんハンドブック(PDF:8,547KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

障がい者支援課 

〒847-0016 佐賀県唐津市東城内1番3号

電話番号:0955-72-9150