ホーム > 防災・防犯 > 唐津市消防本部 > 火災・災害対策 > 火災予防 > 消毒用アルコールの貯蔵の特例について

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

消毒用アルコールの貯蔵の特例について

消毒用アルコールについて

消毒用アルコールは、アルコール濃度が60パーセント以上の製品が危険物になります。

消毒用アルコールの安全な使用方法【関連リンク】

消毒用アルコールの貯蔵・取り扱いについて

危険物になる消毒用アルコールは、消防法で第四類・アルコール類に分類されて、消防法または唐津市火災予防条例により、その数量に応じて消防本部予防課危険物係や消防署への許可申請や届け出が必要となります。

消毒用アルコールを貯蔵・取り扱う場合
貯蔵・取り扱う数量 届け出・許可申請の有無
80リットル未満 必要ありません
80リットル以上400リットル未満 少量危険物貯蔵届出書が必要です(消防署または各分署)
400リットル以上 許可申請が必要です(消防本部予防課危険物係)

 

80リットル以上になると、唐津市火災予防条例で定めている位置・構造・設備の基準を満たす必要があります。

消毒用アルコールの貯蔵の特例について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、手指の消毒のため、消毒用アルコールを使用する機会が増えていることから、一定の条件を満たせば位置・構造・設備の基準の一部を緩和することができます。

主な条件

  • 消毒用アルコールは、未開封の状態で貯蔵する(ほかの容器への詰め替えは行わない)
  • 消毒用アルコールの最大容量は、1リットル以下
  • 鋼板で造られた箱や戸棚内などで貯蔵する(消毒用アルコール専用)
  • 箱などが設置されている場所が屋内の場合、貯蔵するために必要な照明

このほかにも、いくつかの条件がありますので、詳しくは唐津市消防署や各分署に問い合わせてください。

1aruko-ru

 

 

問い合わせ

予防課 

〒847-0861 佐賀県唐津市二タ子3丁目2番46号

電話番号:0955-72-4149