ホーム > 暮らし > 税金 > 市たばこ税

ここから本文です。

更新日:2018年10月11日

市たばこ税

市たばこ税は、たばこ製造者、特定販売業者(外国産たばこ輸入を取り扱う者)または卸売販売業者が、市内のたばこ小売販売業者などに売り渡した製造たばこの本数などに対し、たばこ製造者、特定販売業者または卸売販売業者に課税される税金です。

製造たばこの区分

(1)喫煙用の製造たばこ

紙巻きたばこ、葉巻たばこ、パイプたばこ、刻みたばこ、加熱式たばこ

(2)かみ用の製造たばこ

(3)かぎ用の製造たばこ

申告・納付の時期

毎月末までに、前月分の申告、納付が必要です。

税率

たばこ税の課税標準は製造たばこの本数とし、製造たばこの本数は喫煙用の紙巻きたばこの本数により算定されます。

製造たばこ(紙巻きたばこ3級品を除く)

  • 加熱式たばこを除く製造たばこの本数は、紙巻きたばこの本数に換算して算定されます。
  • 平成30年度税制改正により、2018年10月1日から3段階に分けて、たばこ税の税率が引き上げられます。

税率

製造たばこの税率(1,000本あたり)

期間

市たばこ税

(地方税)

県たばこ税

(地方税)

たばこ税

(国税)

たばこ特別税

(国税)

合計

2018年9月30日まで

5,262円

860円

5,302円

820円

12,244円

2018年10月1日から

5,692円

930円

5,802円

820円

13,244円

2020年10月1日から

6,122円

1,000円

6,302円

820円

14,244円

2021年10月1日から

6,552円

1,070円

6,802円

820円

15,244円

≪参考≫1箱(20本入り)440円の紙巻きたばこの内訳(引用・参考:財務省ホームページ)

市たばこ税:5,262円÷1,000本×20本=105.24円

項目 金額
市たばこ税

105円24銭

県たばこ税

17円20銭

国たばこ税

106円04銭

国たばこ特別税

16円40銭

消費税・地方消費税

32円59銭

原材料費など

162円53銭

440円

(注)2018年4月現在の小売定価およびたばこ税などの税率による。

紙巻きたばこ3級品

対象銘柄

わかば、エコー、しんせい、ゴールデンバット、ウルマ、バイオレット

 

  • 平成27年度税制改正により、2016年4月1日から4段階に分けて紙巻きたばこ3級品の税率が引き上げられています。
  • 平成30年度税制改正により、2019年4月1日実施予定であった税率の引き上げ時期が2019年10月1日となりました。
  • 2019年10月1日以降の税率は、紙巻きたばこ3級品以外の製造たばこと同じになります。

税率

製造たばこの税率(1,000本あたり)

期間

市たばこ税

(地方税)

県たばこ税

(地方税)

たばこ税

(国税)

たばこ特別税

(国税)

合計

2016年4月1日から

2,925円

481円

2,950円

456円

6,812円

2017年4月1日から

3,355円

551円

3,383円

523円

7,812円

2018年4月1日から

4,000円

656円

4,032円

624円

9,312円

2019年10月1日から

5,692円

930円

5,802円

820円

13,244円

加熱式たばこ

加熱式たばことは

加熱式たばことは、たばこを燃焼させずに加熱するものです。

加熱式たばこの紙巻きたばこへの換算方法

加熱式たばこは、「重量」と「価格」をもって紙巻きたばこの本数に換算する課税方式に見直されます。激変緩和措置として、2018年10月1日から段階的に5年かけて新しい換算方式に移行されます。

紙巻きたばこへの換算方法

従来方式

2018年

10月1日~

2019年

10月1日~

2020年

10月1日~

2021年

10月1日~

2022年

10月1日~

加熱式たばこ(特定加熱式たばこ喫煙用具を除く。)の重量の1gをもって、紙巻きたばこの1本に換算

換算

換算本数×0.8

換算本数×0.6

換算本数×0.4

換算本数×0.2

 

加熱式たばこの重量(フィルターその他の一定の物品の重量を除く。)の0.4gをもって、紙巻きたばこの0.5本に換算

 

換算本数×0.2

換算本数×0.4

換算本数×0.6

換算本数×0.8

換算

加熱式たばこの小売定価に基づき、紙巻きたばこ1本の平均小売価格をもって、加熱式たばこの小売価格を紙巻きたばこの0.5本に換算

 

換算本数×0.2

換算本数×0.4

換算本数×0.6

換算本数×0.8

換算

手持品課税

たばこ税の税率引き上げに伴って、たばこ販売業者(小売販売業者、卸売販売業者および特定販売業者)が、店舗(営業所)・倉庫・居宅などで、販売のために所持している製造たばこについて、税率の引き上げ分に相当するたばこ税が課税されます。これを「手持品課税」といいます。

対象となるたばこ販売業者には、唐津税務署および佐賀県税事務所と共同で、申告書および納付書などを送付していますので、必要事項を記入し、期限までに申告書を唐津税務署へ提出(郵送可)してください。

詳しくは、唐津税務署法人課税部門(電話0955-72-3144)まで問い合わせてください。

手持品課税の対象となる所持数量と基準日

製造たばこ(紙巻きたばこ3級品を除く)

対象:2万本以上(紙巻きたばこの本数へ換算)を販売のために所持しているたばこ販売業者

基準日:2018年10月1日の午前0時現在

2020年10月1日の午前0時現在

2021年10月1日の午前0時現在

紙巻きたばこ3級品

対象:5,000本以上を販売のために所持しているたばこ販売業者

基準日:2019年10月1日の午前0時現在

問い合わせ

税務課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9116