ここから本文です。

更新日:2018年10月10日

沿革

 

唐津市近代図書館の沿革

西暦

元号

出来事

1910年

明治43年

東松浦郡教育会図書館創設。

1915年

大正4年

唐津で全国図書館大会開催。私立佐賀図書館唐津分館を併設。「東松浦郡教育会・佐賀図書館連合立図書館」とする。

1919年

大正8年

北城内(元東松浦郡医師会館)に新館完成。

1923年

大正12年

佐賀図書館より分離。再び、東松浦郡教育会図書館となる。

1926年

大正15年

東松浦郡役所廃止。唐津町図書館となる。

1929年

昭和4年

私立佐賀図書館が県立図書館に移管。唐津分館廃止。図書は唐津町図書館へ無償譲渡される。

1932年

昭和7年

市制施行。唐津市図書館と改称。

1935年

昭和10年

文部省より経営成績佳良につき選奨される。

1936年

昭和11年

大手口通り(現在の裁判所敷地内)に新館完成。

1950年

昭和25年

西城内(旧武徳殿跡)の中部公民館へ移転。

1954年

昭和29年

西城内(旧武徳殿跡敷地内)に新館完成。子ども室、郷土室を設置。

1957年

昭和32年

開架方式を採用して書庫を開放。図書目録を簿冊式からカード式に改める。「こかげこどもとしょかん」開設。昭和43年まで続く。

1961年

昭和36年

図書館「創始50年」記念式典。

1963年

昭和38年

高校生の「読書体験・感想文コンクール」開始。平成3年まで続く。

1966年

昭和41年

公開書架室、談話室、ママさんコーナーを設置。小・中学生の「童話コンクール」、「作文コンクール」開始。平成3年まで続く。

1969年

昭和44年

東城内(旧唐津市体育館内2階)の仮館へ移転。

1970年

昭和45年

西城内(現在の水道局)に新館完成。図書館「開設60周年」記念式典。

1972年

昭和47年

移動図書館車「まつかぜ」運行開始。

1974年

昭和49年

学校文庫開始。

1984年

昭和59年

移動図書館車「まつかぜ」廃止。公民館文庫開始。

1992年

平成4年

新興町(現在地)に新館完成。唐津市近代図書館と改称。ボランティア「おはなしの会まつぼっくり」による読み聞かせ開始。

2002年

平成14年

本が育む親子の絆事業開始。ボランティア「ぴよぴよ絵本の会」による読み聞かせ開始。

2004年

平成16年

子どもの読書活動優秀実践図書館文部科学大臣表彰受賞。

2005年 平成17年 配送センターを設置。
2007年 平成19年 子どもコーナーを設置。

2009年

平成21年

ブックスタート事業開始。

2010年

平成22年

「図書館100周年」記念式典。

2012年 平成24年 近代図書館開館20周年。
2015年 平成27年 子どもコーナーの開館時間延長。(平成27年7月から平成28年6月までは試験的実施期間)
2018年 平成30年

絵本とこんにちは事業開始。特別整理期間を10日間から7日間に短縮。

問い合わせ

近代図書館 

佐賀県唐津市新興町23番地

電話番号:0955-72-3467