ホーム > 子育て・教育 > 保育士として働くあなたをサポートします

ここから本文です。

更新日:2018年6月13日

保育士として働くあなたをサポートします

唐津市では、保育士不足による待機児童問題の解消を目指し、保育士へのサポートを保育所などの施設を通して実施しています。

各保育所などによってサポートの実施状況(実施の有無)が異なりますので、詳しくは問い合わせてください。すべての保育所などが実施しているとは限りません。

チラシ(PDF:808KB)

omoteura

就職(復職)準備金20万円を受け取れます

内容

就職(復職)に伴う出費の負担を軽減するため、内定を受けた保育所などから20万円の準備金を受け取ることができます。準備金は、内定後速やかに保育所などから支払われます。

対象者

保育所などから新規(復職の場合は退職後3年以上経過)に内定を受けた人で次の条件をすべて満たす人が対象です。

  • 保育士資格を持っている人または雇用契約までに保育士資格取得見込みの人
  • 1年以上の常勤契約として雇用契約予定の人
  • 住民票が唐津市内の人または雇用契約までに住民票を唐津市内に移す予定の人

家賃負担が最大で年間32万円軽減されます

内容

保育所などが整備した宿舎に住む場合に、家賃の半額(2万7千円を限度)が補助されます。

例)家賃月額6万円の宿舎に住む場合、月額2万7千円が補助されるため本人負担は3万3千円となります。

対象者

保育所などに初めて採用されてから5年以内の人で以下の条件をすべて満たす人が対象です。

  • 保育士資格を持っている人
  • 単身世帯またはひとり親世帯の人
  • 常勤である人※常勤であれば正規雇用、非正規雇用いずれも可
  • 住民票をその宿舎の住所に移す人

手続き

勤務をしている保育所などに対して申請をします。

保育士として復職する際の不安解消をサポートします

内容

現場の雰囲気を感じ復職の不安を解消するため、希望する保育所などで実習(最長2週間)を受けることができます。実習期間中も給料が支給され、実習終了後にその後も継続して勤務していくかどうかを判断することができます。

対象者

保育士の資格取得後1年以上経過(保育所などでの勤務歴がある場合は退職後1年以上経過)し、ブランクなどからくる不安から保育現場への復職を見送っている保育士が対象です。

手続き

勤務を希望する保育所などに対して申請します。

その他のサポート

上記のほか、保育現場における保育士の業務負担を軽減するため保育の補助をする人、清掃や配膳などの保育周辺業務をする方の人件費を市が補助し、保育所等における働きやすい職場づくりのサポートを行っています。

本記事掲載担当課

子育て支援課

電話番号:0955-72-9151

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

子育て支援課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9151