ホーム > 健康・福祉・子育て > 介護保険 > 介護保険(市民のみなさん) > おや?認知症?1人で悩まずに相談してください

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

おや?認知症?1人で悩まずに相談してください

唐津市では認知症初期集中支援チーム事業を実施しています

専門職と地域の皆さんと協力して認知症になっても住み慣れた地域で暮らせるまちを目指します。

認知症初期集中支援チームとは

本人や家族からの相談を受け、認知症が疑われる人や、認知症の人の家庭を訪問して、必要な支援を検討し各関係機関と連携して必要な支援を行います。

認知症初期集中支援チームの構成員は、認知症サポート医を始め、保健師、看護師、社会福祉士、介護福祉士などの医療福祉職で構成されます。

対象になる人は

40歳以上で自宅で生活している人のうち、認知症が疑われる、または認知症と診断を受けている人で次の1から3のどれかにあてはまる人です。

  1. 認知症の診断を受けていない人、または治療を中断している人
  2. 医療サービスや介護サービスを利用していない人
  3. 医療や介護サービスは受けているが、認知症による症状が強く、どのように対応してよいのか困っている人

認知症初期集中支援チーム支援の流れ

支援の流れは次のとおりです。

  1. 地域包括支援センターへ相談
  2. 認知症初期集中支援チーム員による訪問
  3. 認知症初期集中支援チーム員会議を開き今後の対応を検討
  4. 医療支援、介護サービス、家族支援などの実施
  5. 認知症の専門医、介護支援専門員などの地域関係者との連携・引き継ぎ

詳しい支援の流れは、認知症初期集中支援チーム支援の流れ(PDF:302KB)をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

地域包括支援課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9191