ホーム > 市政情報 > 寄付 > ワンストップ特例制度について

ここから本文です。

更新日:2021年4月27日

ワンストップ特例制度について

お知らせ

 

  • ワンストップ申告特例申請の受け付けについては、順次、メールなどにて連絡を差し上げております。

 

ワンストップ特例制度とは

ふるさと寄附金に伴う税の控除を受けるためには、確定申告または個人住民税申告を行うこと必要ですが、一定の要件に該当する人は「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用することで、確定申告などを行わなくても税の軽減を受けることができるようになりました。

 

ワンストップ特例制度の適用が受けられる対象者

ワンストップ特例制度の適用が受けられる対象者は次の1と2の両方に当てはまる人です。

1:確定申告などを行う必要のない人(地方税法附則第7条第1項(第8項)に規定する申告特例対象寄附者であること)

  • 確定申告が必要な自営業者などの人、給与所得者の人でも医療費控除などで確定申告を行う人などは対象になりません。
  • 特例申請を提出した人でも、確定申告などするときは、ワンストップ特例の適用を受けられなくなりますので、申告時に必ず寄附金全額に関する申告が必要です。

2:ふるさと寄附金をする自治体数が5か所以下であると見込まれる人(地方税法附則第7条第2項(第9項)に規定する要件に当てはまる人)

  • 5か所以下の地方自治体に寄附をする予定で「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出した人でも、結果として6か所以上の地方自治体に寄附をした場合は、全ての寄附について特例の適用が受けられなくなりますので、必ず寄附金全額の確定申告などを行ってください。

 

手続きの方法

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」の必要事項を記入し、「番号確認と本人確認のための書類」を添えて提出してください。

寄附金税額控除に係る申告特例申請書(PDF:197KB)(別ウィンドウで開きます)

寄附金税額控除に係る申告特例申請書(記載例)(PDF:578KB)(別ウィンドウで開きます)

番号確認と本人確認のための書類添付台紙(PDF:97KB)(別ウィンドウで開きます)

特例申請書の返信用封筒様式(PDF:53KB)(別ウィンドウで開きます)

返信用封筒に記載がある郵便番号は郵送専用の番号ですので、そのままご利用いただけます。

 

尚、ワンストップ特例申請書は、寄付申し込み完了後に希望者の方へ唐津市から送付します。

各ポータルサイトでダウンロードされた用紙は、極力利用しないようお願いします。

申請内容の変更(住所、氏名など)について

ワンストップ特例申請書を既に提出済の方で、氏名や住所などの記載事項が変更になった場合は、以下から申請書をダウンロードいただき記入の上、必要書類を添付して唐津市ふるさと納税サポート室へご提出をお願いします。

寄付金税額控除に係る申告特例事項変更届出書(PDF:160KB)(別ウィンドウで開きます)

〇氏名や住所の変更が必要になった際には下記を添付してご提出ください。
【添付書類】
新氏名や新住所が記載されている公的機関が発行した書類(住民票や運転免許証など)のコピー。

【注意】

申告特例申請および確認書類は、申告特例対象年(寄附を行った年)の翌年の1月10日まで(必着)に提出が必要です。提出が間に合わない場合は、確定申告を行うことで、税の控除を受けることができます。

記載に関しては、総務省のホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

ワンストップ特例申請書の送付先は

〒847-0821
佐賀県唐津市町田1丁目8番5号
唐津市ふるさと納税サポート室

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

からつブランド・ふるさと寄附推進課(ふるさと寄附金担当) 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-8268